ふたば未来学園中の福島が5年ぶり2度目のV! ~2019ジュニアスポーツアジア交流大会~

8月30日から9月1日の3日間にわたって東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で開催された『2019ジュニアスポーツアジア交流大会』は、アジア各都市の18チームが出場する中で福島が優勝。5年ぶり2度目の頂点に立った。

今年で13回目を迎えたこの大会は、次世代の競技力向上をねらい2007年からスタート。東京都が主催する16歳未満の国際大会で、スディルマン杯方式の団体戦。今年は海外12都市、国内5都市から計18チームが出場(東京は2チーム)した。

男女3人ずつで構成された各チームは、男女各ダブルス、各シングルス、ミックスダブルスの5試合で対戦。6つのグループに分かれて予選ラウンドを戦ったあと、順位別トーナメントで上位を争った。

福島は、全中で男女団体、男子シングルスで優勝を飾り、他種目でも上位に入っている、ふたば未来学園中の6人で臨み、さすがの力を発揮。準決勝で北京との接戦を制すと、決勝は台北を3-1で破り、勝利を決めた。

特に、男子シングルスの齋藤駿、女子シングルスの石岡空来は全勝でチームをけん引。国内大会だけではなく、海外のさまざまなスタイルを持つ選手を相手にも、ラリーの中から自身の強みで得点を重ねるオールラウンドな力を披露した。

全中王者の齋藤駿(ふたば未来学園中)が全勝でチームをけん引
全中3位の石岡空来(ふたば未来学園中)が決勝で勝利し、優勝を決めた

また、日本の二番手には、聖ウルスラ学園英智中のメンバーで構成された宮城が7位に入っている。

7位に入った宮城は聖ウルスラ学院英智中のメンバーで構成

最終順位は以下の通り。
1位 福島


2位 台北(台湾)


3位 ジャカルタ(インドネシア)


4位 北京(中国)
5位 バンコク(タイ)
6位 ソウル(韓国)
7位 宮城
8位 シンガポール
9位 岩手
10位 ハノイ(ベトナム)
11位 茨城
12位 東京B
13位 香港
14位 デリー(インド)
15位 東京A
16位 マニラ(フィリピン)
17位 ヤンゴン(ミャンマー)
18位 ウランバートル(モンゴル)

この大会の詳細は、9月21日発売のバドミントン・マガジン10月号にてレポートします。

文/バドミントン・マガジン編集部 写真/菅原 淳


投稿日:2019/09/17
■関連キーワード

            

人気記事ランキング