【世界選手権2019】永原&松本、米元&田中が準々決勝で対戦<女子ダブルス>

8月19日より開催されている『第25回世界選手権』(スイス・バーゼル)。大会4日目の22日は、各種目の3回戦が行なわれた。日本の女子ダブルスは出場4組すべてが準々決勝に進出。ここでは米元小春/田中志穂、松本麻佑/永原和可那の試合をレポートする。

米元/田中は、21-18、21-18で世界ランキング11位のキッティタクル/パラジョンジャイ(タイ)を破って、準々決勝進出を決めた。

ストレート勝利だったが、どちらに転んでもおかしくない接戦。ラリーに強い相手に対し、我慢して第1ゲームを奪い、第2ゲーム終盤は「私たちは下からの球でリズムをつくっていく」といっていたヨネタナのスタイルで相手のミスを誘った。

「レシーブの感覚も後半につれて合ってきたので、明日もいい形で試合に入れるかなと思う」と田中は話した。

松本/永原は、世界ランキング25位のデンマークペアに、21-19、21-19で勝利。第1ゲーム、第2ゲームともに終盤までもつれる苦しい展開となったが、最後は持ち味の攻撃力で試合を締めた。

「中盤リードしたところで、細かいミスや甘い球が多かった。そこは明日に向けて修正していきたい」と松本がいえば、永原は「ゲームの後半のサービス場面で球が甘くなり、流れを渡してしまった。ひとつのきっかけで相手に流れを渡してしまうことになる」と反省した。

準々決勝は、その松本/永原と米元/田中の対戦となる。

世界ランキング1位の松本/永原は「ここまできたら全力でぶつかるだけ。先輩たちに勝てるように強気で向かっていきたい」(松本)と語り、米元/田中は「相手の強打をうまく利用しながら対応したい」(米元)「相手は世界ランク1位なので、自分たちがどれだけ落ち着いて配球できるかが勝負になってくる」(田中)と語っている。

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳


投稿日:2019/08/23

人気記事ランキング