【世界選手権2019】「今日はしっかりと我慢できたと思う(松本)」<3日目:選手コメント-1>

8月21日に開催された25回世界選手権(スイス・バーゼル)3日目、各種目の2回戦が行なわれ、世界の頂点をめざす日本代表選手らが登場した。ここでは、戦いを終えた選手たちの試合後のコメントを紹介しよう。

放送予定

バナーをクリックするとリンク先に移動します

WD:松本麻佑(右)/永原和可那

2回戦:ピキ/セイネン(オランダ)に2−0で勝利

松本 前回の対戦(昨年のデンマークOP)で負けたイメージが強かったので、しっかりビデオを見て分析して、あとは会場との兼ね合いかなと思っていましたが、よい形で入れたかなと思います。前回は、決められたというより、自分たちが先に崩れたという感じだったのですが、今日はしっかりと我慢できたと思います。

(男子ダブルスの世界1位は初戦で敗れたが、意識するか?)同じ1位という意味で気にするわけではないですけど、強い選手に勝ちたくて下位の選手もやっているように見えたので、迎えうつくらいの気持ちでいかないといけないのかなと思います。

永原 いつもであれば、ミックスの試合を一度やって、女子ダブルスの試合なのですが、今回はミックスで2試合やっていたので、女子ダブルスでは初戦でしたけど、すごく体も動いて良いパフォーマンスができたと思います。

XD:金子祐樹(左)/松友美佐紀

2回戦:鄧俊文/謝影雪(香港)に0−2で敗戦

金子 1ゲーム目も2ゲーム目も序盤は、2~3点差でついていけましたが、11点以降でもったいないミスが結構出てしまって、話されてしまいました。次の男子ダブルスに気持ちを切り替えて頑張りたいです。

松友 やっぱり(第9シードの)相手が強かったです。2ゲーム目はあのまま(10-17から)負けずに、あそこ(19オール)までいけたことは、次につながるかなと思います。試合の感じとしては、最後のほうは悪くなかったですし、またすぐ(女子ダブルスの)試合なので、準備をしたいです。

WD:米元小春/田中志穂

2回戦:ジャッカムプディ/S・ラム(インド)に2−0で勝利

米元 2ゲーム目は、ちょっとシャトルが飛んだので、羽根を変えながら対応しようとしていましたが、自分たちがレシーブの部分で合っていなかったと感じていました。自分たちは、下からの球で相手を動かしてコートをうまく使ってリズムが出てくるので、シャトルの飛び方が変わっても、そういうプレーを引き出せたらいいなと思います。

田中 最初に入ったコートはシャトルが飛ばなくて、自分たちの攻撃では決まらないとわかった中で、ラリーからうまく展開できたと思います。ただ、2ゲーム目は少しシャトルが飛ぶ状況でうまくコントロールできていませんでした。2ゲーム目の中盤は、少し焦ってしまいました。

レポート・コメント・フォトギャラリーはこちら

取材・構成/平野貴也

写真/菅原淳

2018年大会の記事はこちら

MS=男子シングルス、WS=女子シングルス、MD=男子ダブルス、WD=女子ダブルス、XD=混合ダブルス


投稿日:2019/08/21
■関連キーワード

            

人気記事ランキング