【世界選手権2019】「相手がスピードを上げて、対応できなかったのが反省点(大堀)」<2日目:選手コメント-1>

8月20日に開催された第25回世界選手権(スイス・バーゼル)2日目、各種目の1・2回戦が行なわれ、世界の頂点をめざす日本代表選手らが登場した。ここでは、戦いを終えた選手たちの試合後のコメントを紹介しよう。

◆放送予定

バナーをクリックするとリンク先に移動します

XD:金子祐樹(右)/松友美佐紀

1回戦:アルシャンニック/アムロ(ヨルダン)に2−0で勝利

金子 相手がミックス(メイン)のペアだったので、探り探りの入りでしたが、徐々にいい形を多く作れるようになったと思います。会場は、欧州らしい雰囲気は感じますが、まだ世界選手権だなという雰囲気は感じませんでした。僕は、この後すぐに男子ダブルスがあるので、このいいイメージを持って、次の試合に挑みたいです。

松友 初戦なので少し動きが硬い部分もありましたけど、いいプレーができたと思いますし、楽しかったです。初戦をミックスダブルスで1試合できてよかったと思いますし、明日も(女子ダブルスの試合と)どちらが先かわかりませんが、よいプレーをできるように準備したいと思います。

WS:大堀彩

2回戦:何冰嬌(中国)に1−2で敗戦

2ゲーム目を取れたことは収穫だと思いますが、3ゲーム目は戦う体力が残っていませんでした。2ゲーム目が終わって、大丈夫かなと少し不安だったのですが、3ゲームで最初から相手にスピードを上げられて対応できなかったのは、反省点です。

今日は本当にきつくて、練習でもならないくらいに息が上がってしまいました。結果としては2回戦敗退ですが、準備も100パーセントやりましたし、今日は『もっとできたのに』という感じがなく、負けたけど収穫は大きかったと思っています。

いつも先のことを考え過ぎる癖があると思っているので、2ゲームは、このゲームだけを取ろうと考えて取り返せたので、メンタル面の収穫は大きかったと思います。

レポート・コメント・フォトギャラリーはこちら

取材・構成/平野貴也

写真/菅原淳、BADMINTONPHOTO

2018年大会の記事はこちら

MS=男子シングルス、WS=女子シングルス、MD=男子ダブルス、WD=女子ダブルス、XD=混合ダブルス


投稿日:2019/08/20

人気記事ランキング