【全国小学生ABC】接戦の決勝を制した神尾朱理が夏の女王に君臨!<女子>

8月12日から13日まで、熊本県八代市で20回ダイハツ全国小学生ABC大会(八代市総合体育館・八代市東陽スポーツセンター)が開催された。

男子の結果はこちら

8月上旬に閉幕した熊本インターハイの熱が冷めない中で行なわれた大会は、5、6年生で争うAグループ、3、4年のBグループ、1、2年のCグループの3カテゴリーに分かれ、それぞれの頂点を決める。小学生にとっては7月に開催された若葉カップ(団体戦)、そして12月に開催される全国小学生大会(12月21日〜25日/徳島県鳴門市)とならぶ3大大会のひとつ。夏の王者を決するこの大会に、各都道府県の精鋭たちが参加した。

ここでは、女子の各カテゴリーで上位入賞を果たした選手たちを紹介しよう。

【Aグループ】

優勝:神尾朱理
(小平ジュニア/東京)

準優勝:阿部果凛
(志木ジュニア/埼玉)

3位:佐々木弥都
(神郷JBC/愛媛)

3位:伊藤康乃
(鶴ヶ島/埼玉)

【Bグループ】

優勝:芳賀凜歩
(石巻クラブJr/宮城)

準優勝:皆川恵茉
(小平ジュニア/東京)

3位:原口倖歩
(鹿児島飛翔/鹿児島)

3位:上野優寿
(立川バドスポ少/山形)

【Cグループ】

優勝:松本楓音
(朝倉ワーク/高知)

準優勝:大場心晴
(JBC久留米/福岡)

3位:井ノ上亜美
(中山少年団/鹿児島)

3位:五十右帆香
(広幡バドキッズ/静岡)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/筒井剛史

 


投稿日:2019/08/13
■関連キーワード

            

人気記事ランキング

閉じる