【全国小学生ABC】Aグループは優勝候補の澤田修志が貫禄のV!<男子>

8月12日から13日まで、熊本県八代市で20回ダイハツ全国小学生ABC大会(八代市総合体育館・八代市東陽スポーツセンター)が開催された。

女子の結果はこちら

8月上旬に閉幕した熊本インターハイの熱が冷めない中で行なわれた大会は、5、6年生で争うAグループ、3、4年のBグループ、1、2年のCグループの3カテゴリーに分かれ、それぞれの頂点を決める。小学生にとっては7月に開催された若葉カップ(団体戦)、そして12月に開催される全国小学生大会(12月21日〜25日/徳島県鳴門市)とならぶ3大大会のひとつ。夏の王者を決するこの大会に、各都道府県の精鋭たちが参加した。

ここでは、男子の各カテゴリーで上位入賞を果たした選手たちを紹介しよう。

【Aグループ】

優勝:澤田修志

(帯広ジュニア/北北海道)

準優勝:木根知哉

(長岡京市スポ少/京都)

3位:川野寿真

(岡垣ジュニア/福岡)

3位:石井叶夢

(春日部白翔/埼玉)

【Bグループ】

優勝:寺島拓夢

(仙台大和ジュニア/宮城)

準優勝:宮原圭純

(ネィバーキッズ/福岡)

3位:松本眞優

(UDC/栃木)

3位:藤森海斗

(ハルトノ/茨城)

【Cグループ】

優勝:串間太政

(UNAID宮崎/宮崎)

準優勝:田沢太一

(所沢ジュニア/埼玉)

3位:山口 拓

(渋谷ジュニア/東京)

3位:向 唯斗

(FANATIC/滋賀)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/筒井剛史


投稿日:2019/08/13
■関連キーワード

      

人気記事ランキング