【若葉カップ】小平ジュニアが2年連続で頂点に!<女子>

7月20日から23日まで、第35回若葉カップ(京都・長岡京市)が開催された。小学生のクラブチームによる団体戦は、2ダブルス3シングルスの結果で勝敗を決める。試合は6年生シングルス→4年生シングルス→5年生ダブルス→6年生ダブルス→5年生シングルスの順に行なわれ、男女各48チームが参加。予選リーグを勝ち抜いた16チームが決勝トーナメントに進出して優勝を争った。

女子は小平ジュニアが2年連続で頂点に立った。小平ジュニアは準々決勝で広幡バドキッズ(静岡)を3−1で下すと、続く準決勝では埼玉の所沢ジュニアを3−2で退ける。もう一方の山から勝ち上がった桜川Jr.(茨城)との決勝戦は、お互い譲らぬ戦いに。最後に勝ったのは小平ジュニア。3−2で桜川Jr.を制して2連覇を達成した。

前回大会に引き続き優勝を飾った小平ジュニア(東京)

【女子】

▼1回戦

桜川Jr.(茨城)3−2NP神奈川(神奈川)

岡垣ジュニア(福岡)3−1宇都宮中央Jr.(栃木)

PEACE(岡山)3−1北島Bambi(徳島)

志木ジュニア(埼玉)3−0糸満ジュニア(沖縄)

下松ジュニア(山口)3−1はりーあっぷ(愛知)

所沢ジュニア(埼玉)3−1長岡京市スポ少(京都)

広幡バドキッズ(静岡)3−2春野ジュニア(高知)

小平ジュニア(東京)3−0岐南(岐阜)

▼準々決勝

桜川Jr.3−2岡垣ジュニア

PEACE3−1志木ジュニア

所沢ジュニア3−2下松ジュニア

小平ジュニア3−1広幡バドキッズ

▼準決勝

桜川Jr.3−2PEACE

小平ジュニア3−1所沢ジュニア

▼決勝

小平ジュニア3−2桜川Jr.

神尾朱理(6)●0〔12−21、10−21〕②平田涼(6)

皆川恵茉(4)②〔21−9、21−16〕0●平田晴(4)

赤島里香(5)/小野高美月(5)●0〔10−21、10−21〕②磯佑衣奈(5)/髙松香音(5)

今井乃愛瑠(6)/松浦歌音(6)②〔21−10、21−4〕0●塙ひなた(6)/小池璃利華(4)

橋村妃翔(5)②〔21−15、21−14〕0●鈴木彩乃(5)

準優勝:桜川Jr.(茨城)

3位:所沢ジュニア(埼玉)

3位:PEACE(岡山)

 

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/江見洋子


投稿日:2019/07/24
■関連キーワード

         

人気記事ランキング