【若葉カップ】接戦を制した はりーあっぷが初優勝!<男子>

7月20日から23日まで、第35回若葉カップ(京都・長岡京市)が開催された。小学生のクラブチームによる団体戦は、2ダブルス3シングルスの結果で勝敗を決める。試合は6年生シングルス→4年生シングルス→5年生ダブルス→6年生ダブルス→5年生シングルスの順に行なわれ、男女各48チームが参加。予選リーグを勝ち抜いた16チームが決勝トーナメントに進出して優勝を争った。

男子準決勝では、過去に優勝実績のある岡垣ジュニア(福岡)が愛知のはりーあっぷと、前回覇者・Dream.Jr(福井)が多久スポーツピア(佐賀)と対戦。すると、はりーあっぷが強豪の岡垣ジュニアを3−2で制すると、逆の山では連覇をねらうDream.Jrが多久スポーツピアを3−2で下して決勝に進出した。

その決勝戦は、はりーあっぷが3−2でDream. Jrを下して初優勝。愛知勢男子としては、若葉カップで初の頂点に輝いた。

優勝したはりーあっぷ(愛知)の選手たち。接戦を切り抜けながら頂点に立った

【男子】

▼1回戦

はりーあっぷ(愛知)3−0仰木の里ジュニア(滋賀)

志木ジュニア(埼玉)3−1しおみキャッツ(宮崎)

Selfish(神奈川)3−0勝山チャマッシュ(福井)

岡垣ジュニア(福岡)3−0どんぐり(静岡)

PEACE(岡山)3−0 南城jr.(沖縄)

多久スポーツピア(佐賀)3−0 井口ジュニア(富山)

長岡京市スポ少(京都)3−0 橿原ジュニア(奈良)

Dream. Jr(福井)3−1 小平ジュニア(東京)

▼準々決勝

はりーあっぷ 3−0志木ジュニア

岡垣ジュニア 3−1Selfish

多久スポーツピア 3−2PEACE

Dream. Jr 3−2長岡京市スポ少

▼準決勝

はりーあっぷ 3−2岡垣ジュニア

Dream.Jr 3−2多久スポーツピア

▼決勝

はりーあっぷ  3−2 Dream. Jr

山脇弘奨(5)②〔21−12、21−6〕0●松田侑真(6)

池田純一朗(4)②〔21−10、21−9〕0●村上旺大(4)

因藤将夢(5)/三浦壮太(5)●0〔9−21、14−21〕②工谷奏匠(5)/牧野凌久(5)

三ツ石幸太(6)/櫨彪斗(6)②〔20−22、21−12、21−19〕1●中谷勇仁(6)/長谷川柊弥(6)

石川隼(4)●1〔12−21、21−19、9−21〕②田中太基(5)

準優勝:Dream.Jr(福井)

3位:多久スポーツピア(佐賀)

3位:岡垣ジュニア(福岡)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/江見洋子


投稿日:2019/07/24
■関連キーワード

      

人気記事ランキング