【大会情報】エントリー期間を延長!「おもてなしカップジャパン2019」

スポーツメーカー・ミズノ株式会社が主催する“シニア向け”のオープン大会『ミズノ おもてなしカップジャパン2019』が、今年のゴールデンウィーク期間中である5月3日(金)〜5日(日)に、秋田県由利本荘市で初開催される。

この大会は、年々増え続けるバドミントンのシニア愛好者向けに新たなプレーの場を設けるとともに、生涯スポーツとして競技の普及・発展、そして健康増進と人的交流を促進することを目的として開催。実施種目は男子ダブルス、女子ダブルス、混合ダブルスの3種目で、それぞれ年齢別の7カテゴリーに分かれ、1人2種目までエントリーが可能(男女各ダブルス+混合ダブルス)。オープン大会のため、各カテゴリーの年齢制限内であれば、レベルを問わず誰でも参加できる(日本バドミントン協会登録の有無も問わない)。

大会には招待選手として、元日本代表選手らが参戦予定。現在発表されているのは、“シニアの星”として全日本シニア優勝や海外のシニア大会などにも積極的に参加している藤本ホセマリ氏、1996年アトランタ五輪女子ダブルス出場・宮村愛子氏、2004年アテネ五輪女子シングルス出場・森かおり氏。また、S/Jリーグで活躍するJR北海道のコーチを務める、元日本代表・竹村純氏も出場することが決定しており、そのほかにも海外からの招待選手が参加する予定。国際色豊かな大会となりそうだ。

なお、大会参加の申し込みは期間を延長して2月28日(木)まで。大会ホームページ内にあるエントリーフォームから申し込みが可能。

大会ホームページ・エントリーは こちら

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2019/02/13
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング