【帰国会見】「すぐに“次は絶対に優勝しよう”と気持ちを切り替えた」(髙橋)<コメント-1>

1月28日(月)、羽田空港内にてマレーシアマスターズ(Super500/クアラルンプール)、インドネシアマスターズ(Super500/ジャカルタ)のファイナリストとなった選手たちが囲み取材に応じた。ここでは、インドネシアマスターズ優勝を飾った女子ダブルスの髙橋礼華/松友美佐紀、男子シングルス準優勝の桃田賢斗のコメントを紹介しよう。(福島由紀/廣田彩花、渡辺勇大/東野有紗のコメントはこちら

羽田空港取材2019

インドネシアマスターズ優勝

女子ダブルス:髙橋礼華(左)/松友美佐紀

——2週連続(マレーシア→インドネシア)で安定した好成績を残した

髙橋 昨年はベスト8と優勝でしたけど、今年はベスト4と優勝。マレーシアで負けてから、すぐに「次は絶対に優勝しよう」と気持ちを切り替えて、インドネシアに臨めました。(昨年12月のワールドツアー)ファイナルズのときに比べると、2週とも調子がよくなかったところもありましたけど、インドネシアでは1回戦でよい形を出すことができ、それを決勝まで通して、いい結果で終われてよかったと思います。

松友 2週間を通していろいろな選手と対戦ができて、自分の中で修正しながら、試合を重ねるごとに少しずつ自分たちのプレーがよくなっていったと思います。いい2週間だったと思います。

——インドネシアマスターズ決勝戦は韓国ペアが相手。韓国勢がオリンピックレースを前に調子を上げていると感じた部分はあったか

髙橋 マレーシアの大会は中国勢が出ていませんでしたけど、インドネシアではほぼランク上位の選手が出ていて、昨年とは全然違うなと感じました。準々決勝で当たった李茵暉(リ・インフイ)/杜玥(ドゥ・ユエ/中国)もファイナルズでは2回勝っていますけど、いつ負けるかわからないレベル。とくに中国、韓国は、これからもっと日本を潰しにくるんじゃないか、という勢いを感じています。

松友 韓国だけでなく、中国、インドネシア……ヨーロッパの選手も昨年から少しずつよくなっていると思います。(どんなところが?)単純に「諦めない」という言葉で片付けてしまうのは、ちょっと違うと思いますけど、勢いというか気迫というか……。もちろん、プレーもですけど。一言で言い表すのは難しいですが、今年はいろいろな国の選手たちのスイッチが入って上がってくると思うので、自分たちもそれに負けないようにしたいし、自分たちのペースでしっかりやっていきたいと思います。

——研究されてきていると感じている日本の選手もいますが

髙橋 研究されてもやらなければいけませんし、相手が何をしてきても、自分たちの形を出していかなければいけない。それに対応しないと、オリンピックでは勝っていけないと思う。どの国も研究してくるのは当たり前で、自分たちにとっては今に始まったことではない。ずっと研究され続けると思いますし、それに打ち勝っていける力を、自分たちもつけていかなければいけないと思っています。

羽田空港取材2019

インドネシアマスターズ準優勝

男子シングルス:桃田賢斗

——今年最初の遠征を振り返って

桃田 1週目(マレーシアマスターズ)はちょっと準備不足というか、休養からの切り替えがうまくできず、同級生である西本選手に負けて、目が覚めました。そこでしっかり準備をして、インドネシアでは仕上げて挑むことができましたが、最後の最後で自分のスピードが少し落ちてしまったところは、反省点です。

——気持ちを切り替えられなかった西本戦で、とくにプレー面で影響を感じたのは?

桃田 インドネシアでは積極的に攻めていくことができましたが、(マレーシアでの西本戦は)攻めの姿勢もなく、ただつないでいるだけというか、フワフワした感じで終わってしまった印象です。

——昨年12月のWTファイナルズでは「最近は少し気持ちが引いてしまう」と話していた。この1カ月でどう立て直したか。

桃田 今年のテーマを“スピード”にしていて、インドネシアではアンソニー(・ギンティン)選手とのスピード勝負でもよいプレーができたし、準決勝でも(アクセルセンを相手に)よいパフォーマンスができた。その面では収穫がありました。気持ちというよりは、あのスピードをどこまで持続できるか。決勝は80分の試合でバテてしまったので、あれを100分、120分と続けられるように、またイチから土台を作っていきたいと思います。

——決勝戦では、準々決勝や準決勝と同じスピードでプレーをしてバテたのか。

桃田 多分、決勝戦は緊張もあって、いつもより力が入っていて、準々決勝や準決勝のようにうまく取り組むことができなかった。そういうところでも力を発揮できるように、次のドイツOPに向けて準備したいと思います。

——五輪レースが近づき、西本選手も含めて、周りの目の色が変わってきたと感じるか

桃田 レース直前くらいからは、ほかの選手ももっと仕上げてくると思います。日本人同士で刺激し合いながら、高め合っていけたらいいかなと思います。

——世界ランク1位として試合に出ることには慣れたか

桃田 最初はすごく意識して「勝たなければ」「負けられない」という気持ちがありましたが、いまは、試合に対してしっかり気持ちを持って戦えていますし、慣れてきたというか、(焦らず)冷静にプレーできるようになっているので、そこはちょっとずつ成長できているかなと思います。

取材・写真/平野貴也


投稿日:2019/01/28

人気記事ランキング

閉じる