【マレーシアM】日本勢が2種目制覇!福島&廣田、渡辺&東野が今季初V!<S500>

1月20日に開催されたBWFワールドツアー・マレーシアマスターズ(Super500/クアラルンプール)最終日は、各種目決勝戦が行なわれた。

初日の結果はこちら/2日目の結果はこちら

3日目の結果はこちら/4日目の結果はこちら

5日目の結果はこちら

マレーシアマスターズ2019

今年最初の上位大会となるSuper500に出場した日本A代表。その決勝戦に進んだのは、女子ダブルスの福島由紀(写真左)/廣田彩花と、混合ダブルスの渡辺勇大/東野有紗の2組だ。

決勝戦の第1試合に登場した福島/廣田は、準決勝で髙橋礼華/松友美佐紀を下したインドネシアのエース、ポリイ/ラハユと激突。第1ゲームはポリイ/ラハユが21−18で先制し、先に王手をかけた。第2ゲームは5−5から6連続得点で抜け出した福島/廣田が、そのまま21-16で押し切って最終ゲームに突入。勝負を分ける最後の戦いは中盤まで点の奪い合いとなるも、13-12から点差を広げた日本ペアが、インドネシアペアを21-16で振り切り優勝。昨年11月の香港OPに続くタイトルをつかんだ。 マレーシアマスターズ2019

福島/廣田の優勝後に行なわれた混合ダブルス。ここでも日本の渡辺/東野(写真右)が活躍。タイのデチャポル/サプシリーと対戦した2人は、第1ゲームを21-18で奪うと、第2ゲームは8-14の劣勢の場面から猛追。16-15と逆転に成功した渡辺/東野は、最後の接戦も抜け出して21-18で勝利。福島/廣田と同じく、昨年の香港OP以来の優勝を飾った。

男子シングルスは、韓国のエース、孫完虎(ソン・ワンホ)が諶龍(チェン・ロン/中国)を21-17、21-19で制して優勝。女子シングルスはラチャノック・インタノン(タイ)が、キャロリーナ・マリーン(スペイン)を2−0で下し、マレーシアマスターズで2連覇達成。男子ダブルスはギデオン/スカムルヨ(インドネシア)が、地元マレーシアのオン・ユーシン/テオ・イーイをストレートで退けて頂点に立っている。

決勝戦の結果は以下の通り。

【男子シングルス】

孫完虎(韓国)②〔21−17、21−19〕0●諶龍(中国)55分

マレーシアマスターズ2019
香港OPに続く優勝を飾った孫完虎(韓国)

【女子シングルス】

ラチャノック・インタノン(タイ)②〔21−9、22−20〕0●キャロリーナ・マリーン(スペイン)42分

マレーシアマスターズ2019
昨年の同大会以来の優勝を飾ったラチャノック・インタノン(右)

【男子ダブルス】

ギデオン/スカムルヨ②〔21−15、21−16〕0●オン・ユーシン/テオ・イーイ(マレーシア)36分

【女子ダブルス】

福島由紀/廣田彩花②〔18−21、21−16、21−16〕1●ポリイ/ラハユ(インドネシア)75分

マレーシアマスターズ2019
世界ランク1位の福島由紀(左)/廣田彩花が実力を示して優勝

【混合ダブルス】

渡辺勇大/東野有紗②〔21−18、21−18〕0●デチャポル/サプシリー(タイ)43分

マレーシアマスターズ2019
昨季後半戦から上位進出の数を増やしている渡辺勇大/東野有紗が早くも今季初V

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/01/20

人気記事ランキング

閉じる