【全国小学生】澤田修志が2年連続V! ダブルスは根本&岡部が頂点に<男子個人5年生以下>

12月24日に開幕した第27回全国小学生選手権は28日、東京都のエスフォルタアリーナ八王子で個人戦が実施された。4・5・6年生以下男女シングルス・ダブルスの準々決勝から決勝が行なわれ、各種目でチャンピオンが誕生した。

ここでは、5年生以下の男子シングルス・ダブルスの優勝者コメントと上位結果を紹介しよう。

【5年生以下・男子シングルス】

全小2018

★Vコメント

澤田修志(帯広ジュニア・北北海道)

「第1シードのプレッシャーがありましたが、そのなかでも勝ちきって優勝できたのはすごくうれしいです。最終日は3試合ともファイナルで、決勝は自分の球が決まらないのがわかっていたので、焦らず、つなぎの球も意識して相手のミスを待てたのがよかったと思います。来年はABC大会も全小も勝って、どちらも連覇する快挙をしたいです」

■結果(28日)

全小2018

▼準々決勝

澤田修志(帯広ジュニア・北北海道) 2-1 石井叶夢(春日部白翔・埼玉)

遠藤淳生(美鈴が丘JBC・広島) 2-1 髙野日向(出水南ジュニア・熊本)

木根知哉(長岡京市スポ少・京都) 2-0 川野寿真(岡垣ジュニア・福岡)

長束翔太(大里東ジュニア・愛知) 2-0 草ノ瀬悠生(グッドウエーブ・鹿児島)

▼準決勝

澤田修志 2-1 遠藤淳生

木根知哉 2-0 長束翔太

▼決勝

澤田修志②〔20−22、21−19、21−17〕1●木根知哉

※上の表彰写真は2位と3位の選手。優勝者の澤田選手は都合により表彰式に参加できず

【5年生以下・男子ダブルス】

全小2018

★Vコメント

根本舜生(左)/岡部翔(綾瀬ジュニア・神奈川)

根本「準決勝で自分のプレーが乱れているときに、パートナーの岡部くんがカバーしてくれたから勝てて、優勝もできたんだと思います。決勝は、全力で声を出して、いままでやってきたことを全部振り絞ってできるように頑張りました」

岡部「いつもは自分がイライラしてしまって、パートナーがなだめてくれるんですけど、今日は自分が支えることができたのかなと思います。いまは根本くんが後ろでスマッシュを打って僕が前で決める形なので、来年は逆もできるようになって、また優勝したいです」

■結果(28日)

全小2018

▼準々決勝

安田翔/前田寬仁(前田スクール・香川) 2-0 引野一真/川上翔大(HOSHINO B.J.S・島根)

根本舜生/岡部翔(綾瀬ジュニア・神奈川) 2-0 渡邉悠生/末村豪羽(滝川フルールジュニア・北北海道)

宮﨑直也/安達琉偉(おぐにジュニア・熊本) 2-0 谷口康生/山崎翔叶(東光小バド少・北北海道)

祇園田隼人/中原秀駿(北部ジュニア・熊本) 2-0 中村励心/松尾尚樹(岡垣ジュニア・福岡)

▼準決勝

根本舜生/岡部翔 2-1 安田翔/前田寬仁

祇園田隼人/中原秀駿 2-1 宮﨑直也/安達琉偉

▼決勝

根本舜生/岡部翔②〔21−17、21−16〕0●祇園田隼人/中原秀駿

 

★全国小学生選手権の熱戦の模様は、1月22日(火)発売予定の『バドミントン・マガジン』2月号でも紹介します!

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳


投稿日:2018/12/29
■関連キーワード

      

人気記事ランキング

閉じる