【全国小学生】松川健大が神奈川決戦制し2冠! 森&大森は初優勝<男子個人6年生以下>

12月24日に開幕した第27回全国小学生選手権は28日、東京都のエスフォルタアリーナ八王子で個人戦が実施された。4・5・6年生以下男女シングルス・ダブルスの準々決勝から決勝が行なわれ、各種目でチャンピオンが誕生した。

ここでは、6年生以下の男子シングルス・ダブルスの優勝者コメントと上位結果を紹介しよう。

【6年生以下・男子シングルス】

全小2018

★Vコメント

松川健大(青葉ジュニア・神奈川)

「決勝は最初から飛ばしていきました。相手(三浦大地)は同じチームでいつも一緒に練習していますが、自分から置きにいかないで、どんどん攻めて、守りにならないようにしました。これから、もっと自分で考えてゲームメークできるようにしていきたいです」

■結果(28日)

全小2018

▼準々決勝

三浦大地(青葉ジュニア・神奈川) 2-0 齊藤礼(岡垣ジュニア・福岡)

髙木慎二郎 (垂井JSC・岐阜) 2-1 中静悠斗(宇都宮中央Jr・栃木)

津川祐太(札幌 BEANS・南北海道) 2-0 江口幸輝(大清水・神奈川)

松川健大(青葉ジュニア・神奈川) 2-0 江見友希(ABC Jr.・岡山)

▼準決勝

三浦大地 2-0 髙木慎二郎

松川健大 2-0 津川祐太

▼決勝

松川健大②〔21−14、21−16〕0●三浦大地

 

【6年生以下・男子ダブルス】

全小2018

★Vコメント

森蒼介(右)/大森愛叶(久谷BSS・愛媛)

「決勝の2ゲーム目は2人ともあせってしまってうまくいかなかったけど、3ゲームからは自分たちのプレーを取り戻せました。2人で声を掛け合ったのがよかったと思います」

大森「森くんが後ろで打って、僕が前でさわるという役割ができてよかったです。練習でうまくいかないこともあったけど、優勝して、いままでやってきてよかったと思いました」

■結果(28日)

全小2018

▼準々決勝

坂本安樹/櫻井慎大(宇都宮JB・栃木) 2-0 光富琉華/久野雅(岡垣ジュニア・福岡)

野村雅人/田中陽悠(大野ジュニア・福井) 2-1 馬場快成/松本啓汰(はりーあっぷジュニア・愛知)

有江琥珀/大熊辰弥(久喜ABC・埼玉) 2-0 岡本倖大/稲富将太(唐津ジュニア・佐賀)

森蒼介/大森愛叶(久谷BSS・愛媛) 2-1 猪股佑仁/髙坂悠陽(浪岡ジュニア・青森)

▼準決勝

野村雅人/田中陽悠 2-0 坂本安樹/櫻井慎大

森蒼介/大森愛叶 2-0 有江琥珀/大熊辰弥

▼決勝

森蒼介/大森愛叶②〔21−19、15−21、21−16〕1●野村雅人/田中陽悠

★全国小学生選手権の熱戦の模様は、1月22日(火)発売予定の『バドミントン・マガジン』2月号でも紹介します!

取材・構成/江國晴子、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳

 

 


投稿日:2018/12/28
■関連キーワード

      

人気記事ランキング

閉じる