【イベント情報】『レジェンド・ビジョン』が韓国・仁川で開催!

バドミントン界のビッグスターたちによる夢のイベント「レジェンド・ビジョン」が、12月1日に韓国・仁川で開催された。

レジェンド・ビジョン韓国

世界のバドミントンを大いに盛り上げてきた選手らが、バドミントンの世界的な普及、また“メジャースポーツにしたい”という願いから始まったこのイベント。“レジェンド”として世界中のファンから愛されているピーター・ゲード(デンマーク)、タウフィック・ヒダヤット(インドネシア)、林丹(中国)、李龍大(韓国)らが集結し、会場につめかけた3000人を超えるファン、20社以上のメディアの前で地元韓国選手や、次世代のジュニア選手らとのエキシビション・マッチを行なった。

レジェンド・ビジョン韓国
参加したレジェンドたち。右からピーター、タウフィック、林丹、李龍大(画面のリー・チョンウェイは欠席)

会場がもっとも盛り上がったのは、4人のレジェンドと柳延星(ユー・ヨンソン)、金基正(キム・キジュン)、河泰權(ハ・テコン)ら韓国のレジェンド選手で結成された「コリアチーム」との対戦だ。試合は僅差でレジェンドビジョンチームが勝利を飾ったが、多くの五輪メダリストや元世界王者たちがコートで繰り出さす華麗な技や迫力あるプレーに、観客の目は釘付けとなった。イベントの参加者からは、「レジェンドたちのスーパープレーを目の前で見ることができて興奮した」「技術面はもちろんだけど、ピーターのような人になりたい」など、レジェンドたちとの交流や目前で見た試合などをから、多くのジュニアたちが感激を受けていた。

レジェンド・ビジョン韓国
ペアを組んでいるのはピーターとタウフィック。韓国チームと接戦を展開した
レジェンド・ビジョン韓国
エキシビションマッチでは、レジェンド選手らがジュニア選手とペアを組んで試合を実施(写真左は李龍大)
レジェンド・ビジョン韓国
レジェントたちはイベント前に仁川大学に訪れて若年層を対象としたクリニックを実施(写真中央はファンに囲まれるピーター・ゲード)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真提供/ヨネックス


投稿日:2018/12/19

人気記事ランキング

閉じる