【イベント情報】奥原希望が太陽ホールディングスの社内イベントに登場!

今年1月にプロ転向した奥原希望(太陽ホールディングス)が、3月14日、所属契約を結ぶ太陽ホールディングスの子会社である太陽インキ製造株式会社の社内イベントに登場した。

奥原が訪れたのは、埼玉県比企郡嵐山町にある太陽インキ製造の本社。イベントに参加を希望した約80名の社員の前で、トークショーを行なったあと、懇親会で直接社員とふれあう時間を持った。

埼玉県比企郡嵐山にある太陽インキ製造を訪れた奥原

トークショーでは、約10分の奥原のヒストリーVTRの上映後に、奥原本人が登場。すでに社内の見学を行なっていた奥原が、「カフェでいただいたご飯もおいしかったですし、社内の開放感や雰囲気がいいなと感じました。また来たくなる」と語ると、「何度でも来てください」と社員である司会者に応じられるなど、アットホームなムードで会は進んだ。

太陽ホールディングスのロゴが印刷された旗を振る社員に出迎えられる奥原
トークショーでは自身のこれまでの歩み、大舞台での心境などを語った

このイベントの様子は、メイン会場となった太陽インキ製造本社だけでなく、太陽ホールディングスの池袋本社や国内の子会社、さらには台湾の子会社にも中継。

中継先の社員とのやりとりもあり、奥原へは「目標の立て方」「不調のときの気持ちの切り替え方」などに関して質問が飛び、奥原はそれらに対して真摯に答えていた。

イベントは太陽ホールディングス池袋本社など4カ所で中継。中継場所からの質問にも奥原が直接答えた

また、イベント前日の3月13日は奥原の誕生日だったということもあり、社員からは花束やケーキのサプライズプレゼントも。若手社員が作ったというバースデーカードには、同社のインクを使った印刷の上に金がコーティングされており、贈呈した社員は「奥原選手に東京オリンピックで金メダルを取ってほしいという思いを込めた」と語った。

自身もバドミントンをしているという社員から花束贈呈。奥原の活躍は、多くの社員に刺激を与えているという
24歳の誕生日を迎えた奥原にバースデーケーキのサプライズ
バースデーカードには、「金メダル獲得」を祈願し、ゴールドのコーティング

イベントの途中には、奥原が日本代表としてではなく個人エントリーで出場する6月のオーストラリアOP(Super300)で、太陽ホールディングスのロゴが入った新しいウェアで出場することも発表された。新ウェアは、1月のプロ転向会見で着用した黒いウェアの緑バージョンだという。

奥原がプロ転向会見で着用したウェア。6月のオーストラリアOPでは、この緑バージョンで出場する予定

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真提供/太陽ホールディングス


投稿日:2019/03/22
■関連キーワード

   

人気記事ランキング

閉じる