【WTF決勝】「勝負所や仕掛けたところでミスが出てしまった」(奥原)<選手コメント-1>

12月16日に開催されたBWFワールドツアーファイナルズ(中国・広州)最終日は、各種目決勝戦が行なわれた。ここでは熱戦を繰り広げた選手たちのコメントを紹介しよう。

決勝トーナメント・準決勝

シングルスはこちら

男子ダブルスはこちら

女子・混合ダブルスはこちら

WTファイナルズ2018

決勝戦はシンドゥが奥原に2−0で勝利

奥原希望

「出だしがよくなくてどうしようかと思いましたが、全体的には悪くない試合でした。ラリー展開では負けていませんでしたし、仕掛けるタイミングは悪くなかったと思います。ただ、ちょっとしたコントロールミスで相手の手足の長さでカウンターを受けましたし、勝負所や仕掛けたところでミスが出てしまいました。連戦で練習不足になり、ショットの精度が悪かったと思います。それでも、来年に向けてよい試合ができたと思います。

今年はビッグタイトルを一つも取れなかったので、モヤモヤする部分はありますが、1年をケガなく戦い抜けたのでよかったかなと思います。来年からは結果が求められる中、新しい環境でどこまでどん欲になれるか楽しみにしています」

 プサルラ・V.シンドゥ(インド)

「試合前から厳しい戦いになることはわかっていました。日本の奥原選手や山口選手は、非常に長いラリーを得意としています。でも、今日はしっかりと1本1本取ることができ、ファイナルゲームまでもつれ込むことなく勝つことができました。私は、いつも(五輪や世界選手権などで)決勝では勝てないといわれていましたし、すごく悔しい思いをしていました。だから、今日はやっと“勝てた!”という喜びを感じていますし、すごく誇りに思います。この大会は、私にとってとても大事でした。1年のよいエンディングにできました」

予選リーグ:第1戦

シングルスのダイジェストはこちら

ダブルスのダイジェストはこちら

予選リーグ:第2戦

シングルスのダイジェストはこちら

ダブルスのダイジェストはこちら

予選リーグ第3戦

シングルスのダイジェストはこちら

ダブルスのダイジェストはこちら

組み合わせはこちら

取材・構成/平野貴也

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2018/12/16
■関連キーワード

人気記事ランキング

閉じる