【S/Jリーグ2018】NTT東日本が日本ユニシスとの大一番を制す!<男子・Jブロック>

12月8日に開幕したバドミントン国内最高峰の団体リーグ戦「JTB バドミントンS/Jリーグ」。今季からS/Jリーグは男女ともに2チームが増えて各10チームとなり、2つのブロックに分かれてリーグ戦を争う。Sブロック、Jブロックの上位チーム2チームが「TOP4」に進出、S/Jリーグ王者を決定する。また、3位以下のチームによる順位決定戦も実施され、最下位チームは11月に行なわれたS/JリーグⅡの優勝チーム(男子:東海興業、女子:広島ガス)と入替戦に臨むことになる。

開幕節となった高岡大会(富山県・高岡市民体育館)は、土日の2日間にわたって行なわれた。2日目に行なわれた男子Jブロックの熱戦をダイジェストでお届けしよう。

S/Jリーグ2018

Jブロックでは、日本ユニシスとNTT東日本が激突。昨季上位2チームの注目カードは、予想通りの大接戦となる。第1ダブルスでユニシスの遠藤大由/岡村洋輝がストレート勝ちを収めれば、シングルスでは前週の全日本総合王者の桃田賢斗が、坂井一将を9本、13本で退けてチームに流れを引き戻す。

そして、勝負のかかった第2ダブルス。NTTの古賀輝(左)/齋藤太一は、日本A代表の井上拓斗/金子祐樹に第1ゲームを奪われながらも、第2ゲームを18本で競り勝つ。すると、ファイナルゲームでは接戦となった展開から終盤に抜け出し21−15。勝負所を制したNTT東日本が、今季初戦の大一番を勝利で飾った。

NTT東日本・須賀監督

「第1ダブルスで星野/西川が負けはしましたが、なんとか食らいついて桃田につないでくれました。桃田も団体戦ということで、いつもとは違う攻撃的なプレーをしてくれたことで、第2ダブルスの古賀/齋藤につながった。チーム全員で勝利をつかんだ試合だったと思っています。S/Jリーグを戦う上で初戦の勝利は大事なので、少しホッとしています」

NTT東日本・古賀輝

「1−1の状況でまわってきて、自分たちが勝っても負けても(チームの)勝敗が決まってしまうので、絶対に負けられない気持ちで挑みました。(今後は)まずJブロックでしっかり1位を取って、そのままトップ4でも優勝できるように頑張りたいです」

▼Jブロック試合結果

NTT東日本(1勝) 2−1 日本ユニシス(1勝1敗)

星野翔平/西川裕次郎●0〔17−21、16−21〕②遠藤大由/岡村洋輝

桃田賢斗②〔21−9、21−13〕0●坂井一将

齋藤太一/古賀輝②〔18−21、21−18、21−15〕1●井上拓斗/金子祐樹

取材・文/吉井信行

写真/菅原淳


投稿日:2018/12/10

人気記事ランキング

閉じる