【S/Jリーグ2018】日本ユニシス、ヨネックスが連勝スタート!<女子・Sブロック>

12月8日に開幕した、バドミントン国内最高峰の団体リーグ戦「JTB バドミントンS/Jリーグ」。今季からS/Jリーグは男女ともに2チームが増えて各10チームとなり、2つのブロックに分かれてリーグ戦を争う。Sブロック、Jブロックの上位チーム2チームが順位決定戦である「TOP4」に進出、S/Jリーグ王者を決定する。また、3位以下のチームによる順位決定戦も実施され、最下位チームは11月に行なわれたS/JリーグⅡの優勝チーム(男子:東海興業、女子:広島ガス)と入替戦に臨むことになる。

開幕節となった高岡大会(富山県・高岡市民体育館)は、土日の2日間にわたって行なわれた。2日目に行なわれた女子Sブロックの熱戦をレポートする。

S/Jリーグ2018

日本ユニシスとNTT東日本という強豪チーム同士の激突となった注目の一戦。日本ユニシスは昨日からメンバーを若干入れ替え、経験豊富な栗原文音/篠谷菜留を第1複に、第2複には星千智(写真右)/中西貴映を据えた。また、シングルスは前日に引き続き、昨季のMVP・髙橋沙也加。この日本ユニシスに対して、NTT東日本は2複1単のいずれの試合でも競った展開を見せたが、第1複の新玉美郷/渡邉あかねがファイナル17本、第2複の尾﨑沙織/川島里羅はファイナル15本で敗れるなど、勝利には一歩届かず。結局、3−0で勝利した日本ユニシスが開幕2連勝。トップ4出場へ向けて大きく前進した。

S/Jリーグ2018

日本ユニシスと同様に、Sブロックでの開幕2連勝をねらったのがヨネックスだ。同じく今季2戦目となる岐阜トリッキーパンダースと対戦したヨネックスは、櫻本絢子/髙畑祐紀子が昨日に続いて第1複に出場。しかし、荒木茜羽/今井莉子に思わぬ苦戦を強いられた。第1ゲームを18本で落とした櫻本/髙畑は、第2ゲームこそ8本で奪うも、ファイナルは20オールの大接戦。それでも、地力に勝る櫻本/髙畑が抜け出してヨネックスが先勝した。こうなると流れはヨネックスに。単ではエースの佐藤冴香(写真)が小西春七にストレート勝ちを収めると、第2複の福万尚子/曽根夏姫もファイナル勝負を競り勝って、ヨネックスが開幕2連勝を飾った。

日本ユニシス・中西貴映(新人選手として昨日に続き出場)

「(昨シーズン)内定選手として出たときはリーグの重みを考えませんでしたが、いざ入社すると会社を背負う重みがあり、どの試合も緊張するようになりました。強い選手がほかにもいますし、考えながらプレーした1年でした。東野(有紗)と組むのは練習でも慣れているんですが、星(千智)とはどちらも後衛タイプで…。どちらも後ろに行きたがる(笑)んですが、前でプレーするのは私の勉強になります。タカマツさん、クリシノさんに頼らず、下の選手たちで頑張ろうと監督もいっていますし」

ヨネックス・内藤祐輔監督

「最近、海外でギリギリな勝負をしているので、トップダブルス(櫻本/髙畑)がカギだと思いました。ただ、競ってはいても表情が焦っていなかったので、負ける気はしなかったですね。佐藤(冴香)は、見ていて安心な試合ぶり。2ダブに関しては、いまのパフォーマンスのいい者を組み合わせ、また若手にも出場機会を与え、切磋琢磨することでチームの雰囲気もよくなると考え、次を見すえて今日は福万(尚子)と曽根(夏姫)。初めて組むペアで、1ゲームは福万が頑張りすぎましたが、ベテランらしく2ゲームで修正し、攻めのパターンができました。(リーグは)4戦4勝で突破したいですね」

▼Sブロック試合結果

日本ユニシス(2勝) 3-0 NTT東日本(1敗)

栗原文音/篠谷菜留 ②〔21-13、13-21、21-17〕1 ●新玉美郷/渡邉あかね

髙橋沙也加 ②〔21-19、21-18〕0 ●大家夏稀

星千智/中西貴映 ②〔15-21、21-13、21-15〕1 ●尾﨑沙織/川島里羅

 

ヨネックス(2勝) 3-0 岐阜トリッキーパンダース(2敗)

櫻本絢子/髙畑祐紀子②〔18-21、21-8、22-20〕1●荒木茜羽/今井莉子

佐藤冴香②〔21-10、21-13〕0●小西春七

福万尚子/曽根夏姫②〔16-21、21-15、21-14〕1●程文欣/川添麻依子

取材・文/吉井信行、楊順行(コメント)

写真/江見洋子、菅原淳


投稿日:2018/12/10
■関連キーワード

            

人気記事ランキング