バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【全日本総合2018】ミックス第一人者・渡辺&東野が2連覇を達成!<混合ダブルス決勝>

【全日本総合2018】ミックス第一人者・渡辺&東野が2連覇を達成!<混合ダブルス決勝>

12月2日に開催された“日本一”を決める頂上決戦「第72回全日本総合選手権」(東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館)。大会最終日は各種目決勝戦が行なわれた。ここでは混合ダブルスをダイジェストでお伝えしよう。

トーナメント表・結果は こちら

全日本総合2018

今年から混合ダブルス専任の日本代表が選出されるなど、注目度が高まっている混合ダブルス。その決勝には、今年の全英OPで優勝するなど、第一人者として世界で活躍している渡辺勇大/東野有紗(写真右/日本ユニシス)と、A代表同士でペアを組む保木卓朗/永原和可那(トナミ運輸/北都銀行)が対戦した。

第1ゲームは、海外の強敵を相手に戦う2ペアが、世界トップクラスのラリーを展開。昨年からパワーを増した渡辺が豪快にスマッシュを叩き込んで主導権を奪いにいけば、保木も負けじとセンターへのスマッシュなどで5連続得点をつかみ、リードを許さない。前半は激しい攻防となり、11-10と互角のラリーを繰り広げた。

全日本総合2018

中盤以降も互いに持ち味を発揮しながら試合が進む。男女ダブルスでもベスト4に入った保木/永原(写真右)は、この日も男子=後衛、女子=前衛というセオリーにとらわれず、永原が後衛でスマッシュを打ち込み、保木が積極的にネット前に飛び込んだ。一方、ネット前でミスを重ねるなど、時に冴えない表情も見せていた渡辺/東野だが、14-15から攻撃のリズムをつかみ一気に5連続得点。さらにポイントを重ねた渡辺/東野が先に抜け出し、21-17で第1ゲームを奪った。

第2ゲーム、先にリードをしたの保木/永原。5-6から6連続ポイントで11-6。緩急を使い分けて前回王者からミスを誘い、苦しめる。しかし、2連覇に挑む渡辺/東野もここから本領を発揮。渡辺の意表を突くドロップなどが効果的に決まりだし、じわじわと点差を詰めて15-14と逆転。さらに、攻勢を仕掛けた渡辺/東野が19-15で突き放した。初優勝をねらう保木/永原も19-18と1点差まで迫ったが、東野のスマッシュが炸裂してチャンピオンシップポイント。最後はサウスポー・渡辺がフォアのクロスドライブでセンターコースを打ち抜き、拳を突き上げた。

「(大会前は)プレッシャーを感じなかったけど、決勝戦は少しずつプレッシャーを感じてしまった」と東野は振り返るが、終わってみれば難局をしっかり乗り切っての2連覇を達成。富岡高校の後輩/先輩ペアは、社会人になってからともに日本ユニシスへ入り、飛躍的な成長を遂げて世界のトップランカー入りを果たした。2回戦から登場した今大会は、すべてストレート勝ちで頂点到達。日本のファンの前で世界レベルの“ミックス”を披露し、戦いの場を再び世界の舞台へと移す。

全日本総合2018
第一人者としての実力を示した渡辺勇大(左)/東野有紗

▼決勝戦

渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)②〔21−17、21−18〕0●保木卓朗/永原和可那(トナミ運輸/北都銀行)

※渡辺/東野は2連覇を達成

渡辺/東野、保木/永原のコメントはこちら

取材・文/平田美穂、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2018/12/04
■関連キーワード