バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【全日本総合2018】激しいラリーの攻防を制した園田&嘉村が優勝!<男子ダブルス決勝>

【全日本総合2018】激しいラリーの攻防を制した園田&嘉村が優勝!<男子ダブルス決勝>

12月2日に開催された“日本一”を決める頂上決戦「第72回全日本総合選手権」(東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館)。大会最終日は各種目決勝戦が行なわれた。ここでは男子ダブルスをダイジェストでお伝えしよう。

トーナメント表・結果は こちら

全日本総合2018

2018年の全日本総合、大トリを飾った男子ダブルス。その決勝の舞台に上がったのは、前回大会ベスト4に終わった園田啓悟(写真奥)/嘉村健士(トナミ運輸)と、昨年優勝の遠藤大由/渡辺勇大(日本ユニシス)。海外の猛者と戦い続けるトップダブルス2ペアが、極上のラリーを繰り広げた。

第1ゲーム序盤から勢いに乗ったのは園田/嘉村。園田のスマッシュ、嘉村の前衛という得意の形が冴え渡り、4−1から常に先行して18-11と突き放す。一方、今大会は後衛に入る機会を意図的に増やしたという渡辺が、強烈なスマッシュと得意のドロップを織り交ぜて16-18と迫るも、百戦錬磨の園田/嘉村はひるまない。追い上げられても最後までスマッシュ、ドライブ、プッシュで応戦し、最後は3連続ポイント。21-16で第1ゲームを奪った。

全日本総合2018
決勝戦最後の試合となった男子ダブルスを多くの観客が見守った

第2ゲーム序盤、遠藤/渡辺がリードする場面もあったが、園田/嘉村は7-8から11-8と逆転。さらに、新たな攻撃パターンを模索する遠藤/渡辺の小さいなほころびを見逃さず、16-13から4連続得点でチャンピオンシップポイント。最後は、園田の連続スマッシュから嘉村がきっちり前で仕留め、ソノカムらしさ全開の勝利。2年ぶり3回目の優勝を決め、コート上で大きな雄叫びをあげて喜びを爆発させた。

2年前の決勝戦では、組んで間もない遠藤/渡辺に園田/嘉村が2−1で勝利。昨年の準決勝で対戦したときは、遠藤/渡辺が2−0で勝利していたが、総合3度目の対決はソノカムに軍配があがった。今年はワールドツアー決勝で対戦するなど、国内外で常にしのぎを削る両ペア。安定感が増した世界ランク3位の園田/嘉村、ミックスを含めて急成長を遂げる渡辺、そして2016年リオ五輪に出場している遠藤はベテランと呼ばれる立場だが、この日はシャトルを追いかけてコート外の看板に突っ込むなど、一本にかける執念も健在。日本をけん引する4人の戦いは、追随する若手ペアにも大きな刺激となったはずだ。

全日本総合2018
持ち味の低空戦を制して3度目のVを達成した園田啓悟/嘉村健士(左)

▼決勝戦

園田啓悟/嘉村健士(トナミ運輸)②〔21−16、21−15〕0●遠藤大由/渡辺勇大(日本ユニシス)

※園田啓悟/嘉村健士が2年ぶり3度目の優勝

園田/嘉村、遠藤/渡辺のコメントはこちら

取材・文/平田美穂、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2018/12/04
■関連キーワード