【フランスOP】桃田、山口、タカマツなど4種目がベスト8に進出!<3日目>

10月25日に開催されたBWFワールドツアー・フランスOP(パリ/Super750)3日目は、各種目2回戦が行なわれた。

フランスOP2018

5ペアが登場した女子ダブルスの2回戦では、世界ランク2位の髙橋礼華/松友美佐紀(写真手前)は、中国の若手ペア・李汶妹(リ・ウェンメイ)/鄭雨(ツェン・ユ)と対戦。第1ゲームでは23-25の接戦を落とした髙橋/松友だったが、第2ゲームを21-17で奪い返すと、続くファイナルゲームも6連続得点などで引き離して21-15で勝利。89分にも及ぶ試合を制してベスト8入りを果たした。同じく準々決勝に勝ち進んだのは、世界女王の松本麻佑/永原和可那と、世界ランク17位の福万尚子/與猶くるみ。前週のデンマークOP覇者の福島由紀/廣田彩花は韓国ペアに、米元小春/田中志穂はデンマークペアに敗れて上位進出はならなかった。

女子シングルスは世界ランク2位の山口茜が、昨年の世界ジュニア銅メダルの蔡炎炎(カイ・ヤンヤン)を2−0のストレートで退けてベスト8を決めた。しかし、奥原希望はサイナ・ネワール(インド)とのファイナル勝負に敗れ、髙橋沙也加、佐藤冴香もそれぞれランク上位の選手に0−2で敗戦。山口ただ一人が準々決勝に勝ち進むことになった。

フランスOP2018

男子はシングルスの桃田賢斗(写真)が、坂井一将との日本人対決を制してベスト8進出。西本拳太は韓国の孫完虎に14本、18本のストレート負け。男子ダブルスで唯一2回戦に勝ち上がっていた遠藤大由/渡辺勇大も、世界ランク1位のギデオン/スカムルヨ(インドネシア)に敗れて2回戦敗退となった。

混合ダブルスは渡辺勇大/東野有紗がオランダペアを2−0の快勝で準々決勝へ。保木卓朗(下写真)/永原和可那もドイツペアと73分の激闘となった試合を制してベスト8入りを決めた。

フランスOP2018

日本選手の結果、26日に行なわれる準々決勝の対戦カードは以下の通り。

【男子シングルス】

桃田賢斗②〔21−17、21−17〕0●坂井一将48分

西本拳太●0〔14−21、18−21〕②孫完虎(韓国)51分

▼準々決勝(26日)

桃田賢斗 − スリカンス・キダムビ(インド)

孫完虎(韓国) − 石宇奇(中国)

カンタフォン・ワンチョレン(タイ) − ラスムス・ゲンク(デンマーク)

諶龍(中国) − ジョナタン・クリスティ(インドネシア

【女子シングルス】

奥原希望●1〔21−10、14−21、17−21〕②サイナ・ネワール(インド)72分

髙橋沙也加●0〔19−21、13−21〕②陳雨菲(中国)35分

佐藤冴香●0〔17−21、16−21〕②プサルラ・V.シンドゥ(インド)45分

山口茜②〔21−14、21−14〕0●蔡炎炎(中国)33分

フランスOP2018
世界ランク13位の髙橋沙也加は0−2で敗戦。デンマークOPに続いて上位進出はならず

▼準々決勝(26日)

山口茜 − グレゴリア・マリスカ・トゥンジュン(インドネシア)

戴資穎(台湾) − サイナ・ネワール(インド)

陳雨菲(中国) − ラチャノック・インタノン(タイ)

何冰嬌(中国) − プサルラ・V.シンドゥ(インド)

【男子ダブルス】

遠藤大由/渡辺勇大●0〔14−21、20−22〕②ギデオン/スカムルヨ(インドネシア)40分

▼準々決勝(26日)

イワノフ/ソゾノフ(ロシア) − 李洋/李哲輝(台湾)

ギデオン/スカムルヨ(インドネシア) − 陳宏麟/王齊麟(台湾)

韓呈愷/周昊東(中国) − 廖敏竣/蘇敬恒(台湾)

アットリ/レッディ(インド) − シェティ/ランキレッディ(インド)

【女子ダブルス】

福島由紀/廣田彩花●1〔12−21、21−17、17−21〕②張藝娜/鄭景銀(韓国)83分

松本麻佑/永原和可那②〔21−8、21−7〕0●エルチェティン/インチ(トルコ)26分

米元小春/田中志穂●0〔19−21、19−21〕②フォウガード/トゥーグセン(デンマーク)54分

福万尚子/與猶くるみ②〔21−10、21−16〕0●許雅晴/呉玓蓉(台湾)39分

髙橋礼華/松友美佐紀②〔23−25、21−17、21−15〕1●李汶妹/鄭雨(中国)89分

フランスOP2018
デンマークOP優勝など好調をキープしていた福島由紀(右)/廣田彩花は2回戦で敗退

▼準々決勝(26日)

福万尚子/與猶くるみ − 李紹希/申昇瓚(韓国)

髙橋礼華/松友美佐紀 − G・ストエワ/S・ストエワ(ブルガリア)

松本麻佑/永原和可那 − 張藝娜/李紹希(韓国)

【混合ダブルス】

渡辺勇大/東野有紗②〔21−14、21−6〕0●タベリング/ザイネン(オランダ)29分

保木卓朗/永原和可那②〔11−21、22−20、26−24〕1●ザイデル/エフラー(ドイツ)73分

フランスOP2018
女子ダブルスと混合ダブルスの2種目に出場している永原和可那は、ともにベスト8進出を決めた

▼準々決勝(26日)

鄭思維/黄雅瓊(中国) − エリス/スミス(イングランド)

王懿律/黄東萍(中国) − デチャポル/サプシリー(タイ)

保木卓朗/永原和可那 − 徐承宰/蔡侑玎(韓国)

渡辺勇大/東野有紗 − アーマド/ナトシール(インドネシア)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2018/10/26

人気記事ランキング