【世界選手権2019】「硬くならずに、挑戦者の気持ちで挑めたらいいと思う(渡辺)」<4日目:選手コメント-1>

8月22日に開催された25回世界選手権(スイス・バーゼル)4日目、各種目の3回戦が行なわれ、世界の頂点をめざす日本代表選手らが登場した。ここでは、戦いを終えた選手たちの試合後のコメントを紹介しよう。

放送予定

バナーをクリックするとリンク先に移動します

XD:渡辺勇大(奥)/東野有紗

3回戦:C・アドコック/G・アドコック(イングランド)に2−0で勝利

渡辺 スピード面で僕らの方が速かったので、攻撃のリズムが作りやすかったです。相手が疲れていて、気を許すことなく点数を取られたら取り返すつもりでラリーを展開できたのがよかったと思います。(明日の試合に勝てば、日本勢初の混合ダブルスのメダルが決まるが?)特に意識していないですし、ベスト4に入ることができればうれしいですけど、優勝をめざしているので、気にしていません。明日も硬くならずに、挑戦者の気持ちで挑めたらよいと思います。

東野 勇大くんが後ろでカバーしてくれる部分で助かっていたので、私は動きやすかったです。(日本の混合ダブルスを引っ張る立場だが、意識は?)たくさんの人に混合ダブルスのおもしろさを知ってもらいたいので、上にいけば、見てもらえるのではないかと思うので、勝って試合を見てもらいたいと思います。

XD:保木卓朗(奥)/永原和可那

3回戦:チャンPS/ゴーLY(マレーシア)に1−2で敗戦

保木 1ゲーム目は、自分たちが相手の女子選手を後ろに下げる形で優位に立てましたが、2ゲーム目からは(ラリーの)ペースが上がって低い展開が多くなり、ミックスダブルスの経験値がある相手にとって楽な展開になってしまいました。もう少しアイデアがあれば、よかったです。

永原 自分たちの形をぶつけてうまくいったときは、1ゲーム目のように取れるけど、2ゲーム目のように相手に対応されてしまうと、どうすべきかわからなくなってしまうのが現状だと思っています。そこは、相手の方が経験で上でしたし、力の差かなと思います。

レポート・コメント・フォトギャラリーはこちら

取材・構成/平野貴也

写真/BADMINTONPHOTO

2018年大会の記事はこちら

MS=男子シングルス、WS=女子シングルス、MD=男子ダブルス、WD=女子ダブルス、XD=混合ダブルス


投稿日:2019/08/22

人気記事ランキング

閉じる