バトミントンTOP国内ニュース高校 ≫ 【静岡IH2018】水井が春夏連覇&団体との2冠を達成!<女子シングルス>

【静岡IH2018】水井が春夏連覇&団体との2冠を達成!<女子シングルス>

『静岡インターハイ』(8月5日~9日/静岡県・浜松アリーナ、浜北総合体育館)の競技5日目、9日(木)は、浜松アリーナで男女個人戦シングルス・ダブルスの準決勝と決勝が行なわれた。ここでは、女子シングルスのダイジェストをお伝えしよう。

全試合ストレート勝ちで優勝を果たした水井ひらり(ふたば未来学園)
全日本ジュニア、高校選抜に続く個人タイトルを獲得した水井ひらり(ふたば未来学園)

【ダイジェスト】

女子シングルスの準決勝は、水井ひらり(ふたば未来学園)vs齋藤夏(埼玉栄)と、佐川智香(作新学院)vs郡司莉子(八代白百合学園)。第1シードの水井は、ダブルス準決勝との連戦となった齋藤に対し、11オールまでは競った展開となったが、そこから徐々にリードを広げて第1ゲーム15本。第2ゲームもねばる齋藤を17本で振りきって決勝進出を決めた。準決勝もう1試合は、佐川が選抜3位の力を発揮し、1年生の郡司に対して20本、18本のストレート勝ち。選抜と全日本ジュニアでは準決勝で敗れているだけに、壁を越えてうれしい決勝進出となった。

自己最高だった全国大会3位の壁を超え、決勝進出を果たした佐川智香(作新学院)
持ち味のスピードを生かし、準決勝では1年生の挑戦を退けた佐川智香(作新学院)

決勝戦では、水井の強さが光った。水井は第1ゲーム序盤こそ出足の悪いところを佐川に攻められ1-6とリードを許したが、徐々に自分のペースを取り戻して17オールに。17-18と再びリードされたところから4連続得点で逆転して第1ゲームを奪った。すると、続く第2ゲームは序盤から水井のペースになる。スピードとねばりが持ち味の佐川にリードを許さず、14本で仕留めて頂点に。高校最後の夏に、自身初となるインターハイ個人タイトルを獲得した。

【優勝コメント】

06優勝☆水井ひらり(ふたば未来学園)

「最後のインターハイなので、優勝したい気持ちがすごく強かったです。プレッシャーとかは考えないようにしていたんですけど、どこかで感じていた部分もあると思います。でも、自分の力を出しきって優勝できたのでよかったです」

【女子ダブルス結果(9日)】

🔻準決勝
水井ひらり(ふたば未来学園)②〔21-15、21-17〕0●齋藤夏(埼玉栄)
佐川智香(作新学院)②〔22-20、21-18〕0●郡司莉子(八代白百合学園)
🔻決勝
水井ひらり②〔21-18、21-14〕0●佐川智香

静岡IH2018★女子シングルスの全試合結果(トーナメント)はこちら

★静岡インターハイの熱戦の模様は、8月22日(水)発売の『バドミントン・マガジン』9月号でも紹介します。

取材・文/吉井信行
写真/黒崎雅久


投稿日:2018/08/10
■関連キーワード

         



閉じる