バトミントンTOP国内ニュース高校 ≫ 【静岡IH2018】齋藤&吉田が同校対決を制して頂点に!<女子ダブルス>

【静岡IH2018】齋藤&吉田が同校対決を制して頂点に!<女子ダブルス>

『静岡インターハイ』(8月5日~9日/静岡県・浜松アリーナ、浜北総合体育館)の競技5日目、9日(木)は、浜松アリーナで男女個人戦シングルス・ダブルスの準決勝と決勝が行なわれた。ここでは、女子ダブルスのダイジェストをお伝えしよう。

優勝を果たした齋藤夏(左)/吉田瑠実(埼玉栄)
優勝を決めて喜びを分かち合う齋藤夏(左)/吉田瑠実(埼玉栄)

【ダイジェスト】

個人戦最終日。女子ダブルスは、全日本ジュニア王者の齋藤夏/吉田瑠実(埼玉栄)が強さを見せつけた。まず、斉藤さくら/松久紬(園田学園)との準決勝では、攻守とも高いレベルで斉藤/松久を圧倒。第1ゲームを12本で奪った齋藤/吉田は、第2ゲームもわずか8本と完勝して決勝戦に進んだ。また、もう一方の準決勝でも埼玉栄ペアが躍動。鈴木陽向/大澤佳歩(埼玉栄)の2年生ペアが、大石悠生/木村早希(青森山田)とのファイナル勝負を14本で振りきって決勝へと駒を進めた。

2年生ペアながら決勝進出を果たした鈴木陽向(右)/大澤佳歩(埼玉栄)
2年生ペアながら決勝進出を果たした鈴木陽向(右)/大澤佳歩(埼玉栄)

同校対決となった決勝戦。齋藤/吉田は「しっかりレシーブをして、そこから攻めていけた」(齋藤)と、鈴木/大澤の持ち味である攻撃をしのいで勢いに乗せなかった。結局、終始リードを保ち続けた齋藤/吉田が第1ゲームを9本で奪取。そして、第2ゲームに入っても流れは変わることなく、齋藤/吉田が攻勢を強めて19-9とリード。ここから鈴木/大澤も意地を見せて4連続得点を奪うが、反撃もそこまで。21-13で齋藤/吉田がインターハイのタイトルを獲得した。

【優勝コメント】

静岡IH2018

◇齋藤夏(左)
「選抜では(ベスト8で)負けていたので、そのリベンジができてうれしい。決勝は先輩として負けられないという意地もありました。でも、それが緊張につながるのではなく、相手に向かっていく気持ちになれた。プレー面では、今大会はレシーブから攻撃につなげることができていたのがよかったと思います」

◇吉田瑠実(右)
「優勝できてとてもうれしいです。選抜で負けたときは、自分たちが守りに入ってしまった。だから、今大会は誰が相手でも向かっていけるようにしていました。今大会の個人戦は本当に楽しかったです。勝ちたいという気持ちもあったんですけど、それよりも楽しもうと思っていました」

【女子ダブルス結果(9日)】

🔻準決勝
齋藤夏/吉田瑠実(埼玉栄)②〔21-12、21-8〕0●斉藤さくら/松久紬(園田学園)
鈴木陽向/大澤佳歩(埼玉栄)②〔21-14、19-21、21-14〕1●大石悠生/木村早希(青森山田)
🔻決勝
齋藤夏/吉田瑠実②〔21-9、21-13〕0●鈴木陽向/大澤佳歩
静岡IH2018

★女子ダブルスの全試合結果(トーナメント)はこちら

★静岡インターハイの熱戦の模様は、8月22日(水)発売の『バドミントン・マガジン』9月号でも紹介します。

取材・文/吉井信行
写真/黒崎雅久


投稿日:2018/08/10
■関連キーワード