【静岡IH2018】選抜覇者の中山&緑川ら優勝候補ペアが4強入り!<男子ダブルス>

『静岡インターハイ』(8月5日~9日/静岡県・浜松アリーナ、浜北総合体育館)の競技3日目、7日(火)は、浜松アリーナで男女ダブルス、浜北総合体育館で男子ダブルスの1回戦~準々決勝が行なわれ、それぞれベスト4が出そろった。ここでは、男子ダブルスのダイジェストをお伝えしよう。

準決勝進出を決めた第1シードの中山裕貴(右)/緑川大輝(埼玉栄)
準決勝進出を決めた第1シードの中山裕貴(右)/緑川大輝(埼玉栄)

【ダイジェスト】

選抜のベスト4以上、つまり上位4シードのうち3つが準決勝進出を決めた。唯一敗れたのが選抜3位の樋口太一/小川翔悟(日章学園)。4回戦で彼らを破ったのは奈良岡功大/武藤映樹(浪岡)の2年生ペアで、準々決勝でも宇治巧登/佐野大輔(東大阪大柏原)との大接戦を制した。第1ゲームは奈良岡/武藤、第2ゲームは宇治/佐野と取り合い、ファイナルゲームは奈良岡/武藤が前半優勢で折り返す。後半になると宇治/佐野が逆転し、一時3ポイント差をつけられた場面もあったが、「一本一本、一生懸命やるだけだった」(奈良岡)、「絶対に相手に流れを渡したくなかった」(武藤)という浪岡ペアが執念のプレーを見せた。終盤の競り合いを制し、ダブルスでは同校初のベスト4進出だ。

4シードの一角を崩した奈良岡(右)/武藤(浪岡)
4シードの一角を崩した奈良岡(右)/武藤(浪岡)

順当だったシード勢も決して楽な4強入りではなかった。第2シードの武井優太/遠藤彩斗(埼玉栄)は4回戦で大苦戦。熊谷翔/藤澤佳史(聖ウルスラ学院英智)に第1ゲームを奪われ、ファイナルに持ち込んだものの終盤まで優位を許していた。しかし14-16から怒涛の7ポイント連取。ピンチでこそ増すコンビ力を見せつけた。
第3シードの農口拓弥/服部輝正(福工大附福井)は、選抜8強の一井亮太/藤井凌(水島工)を下した中島巧/杉本一樹(瓊浦)との準々決勝が山場。第1ゲームを22-20でもぎ取り、第2ゲームを失ったが、最後は18本で逃げ切った。

頭一つ抜けているといわれる第1シードの中山裕貴/緑川大輝(埼玉栄)でさえ、準々決勝では廣瀬泰生/祢占翔士騎(鹿児島商)にゲームを奪われた。春夏連覇をめざすその中山/緑川に、最終日の準決勝では奈良岡/武藤が挑む。

選抜準優勝の武井(左)/遠藤は苦しみながらも4強入り
選抜準優勝の武井(左)/遠藤は苦しみながらも4強入り
準々決勝を2-1で突破し、4強入りを決めた農口(左)/服部(福井工大附福井)
選抜に続く準決勝進出を決めた農口(左)/服部(福井工大附福井)

明日の8月8日は、男女の個人戦シングルスが1回戦から準々決勝まで行なわれる。

◆個人男子ダブルス準決勝のカード(9日)
中山裕貴/緑川大輝(埼玉栄) — 奈良岡功大/武藤映樹(浪岡)
農口拓弥/服部輝正(福井工大附福井) — 武井優太/遠藤彩斗(埼玉栄)

★個人男子ダブルス準々決勝までの結果はこちら

取材・文/山口奈緒美
写真/江見洋子、黒崎雅久


投稿日:2018/08/08
■関連キーワード

         

人気記事ランキング