【世界選手権2018】日本ペアのメダルに期待!<女子ダブルス展望>

バドミントンの世界一を決める第24回世界選手権(BWF主催)が、7月30日に中国・南京で開幕し、31日は各種目1・2回戦が行なわれた。ここでは『バドミントン・マガジン8月号』に掲載中の女子ダブルスの展望記事を、バド×スピ!に特別公開しよう(展望記事は出場選手の変更、締め切り後の大会記録なども反映しています)。

男子・女子シングルスの展望はこちら

男子・混合ダブルスの展望はこちら

日本代表選手の初戦はこちら

女子ダブルス

日本のヒロインたちが席巻している女子ダブルス。髙橋/松友、福島/廣田、米元/田中の豪華布陣に加え、新たに松本/永原もインドネシアOP準優勝の実績を引っ下げて世界制覇に挑 む。このメンバーならメダル獲得は当然。あとはその色をどのペアが、どこまで輝かせるかに注目が集まる。
中国はWR1位・陳清晨/賈一凡(チェン・チンチェン/ジャ・イーファン)の孤軍奮闘が続く。後続の援護なく大会を迎えれば、相当な重圧が彼女たちにのしかかる。確かな実力があっても、連覇に向けて楽観視はできない状況だ。
その他、WR上位の韓国・李紹希/ 申昇瓚(イ・ソヒ/シン・ソンチャン)は近況元気がない印象だが、ユ杯準優勝で勢いに乗るタイの若手ペアなどはおもしろい存在。下剋上をねらってくる。

【PICK UP PLAYER】

髙橋礼華(奥)/松友美佐紀
◆2018年主な成績
インドネシアマスターズ優勝、マレーシアOP優勝

リオ五輪、SSファイナルなど数多くのタイトルを手にした日本のパイオニア。鬼門の世界選手権では前回銅メダルを獲得。念願の世界一へ闘志をみなぎらせる!
リオ五輪、SSファイナルなど数多くのタイトルを手にした日本のパイオニア。鬼門の世界選手権では前回銅メダルを獲得。念願の世界一へ闘志をみなぎらせる!

陳清晨(右)/賈一凡(中国)
◆2018年の主な成績
マレーシアOP準優勝、マレーシアマスターズ準優勝

WR1位に君臨する2人は、日本にとって最強の ライバル。今季は優勝こそないが、大一番での勝負強さはピカイチ! 母国の名誉をかけて2連覇をねらう。
WR1位に君臨する2人は、日本にとって最強の ライバル。今季は優勝こそないが、大一番での勝負強さはピカイチ! 母国の名誉をかけて2連覇をねらう。

福島由紀(右)/廣田彩花
◆2018年主な成績
インドネシアOP優勝、アジア選手権優勝、全英OP準優勝

初出場の昨年、銀メダルを獲得した2人。 そこから一気にブレイクして、今大会は優 勝候補の一角に名を連ねる。日本選手では 同種目41年ぶりのVに挑戦!
初出場の昨年、銀メダルを獲得した2人。 そこから一気にブレイクして、今大会は優 勝候補の一角に名を連ねる。日本選手では 同種目41年ぶりのVに挑戦!

<日本選手出場者>
髙橋礼華/松友美佐紀、福島由紀/廣田彩花

米元小春/田中志穂、松本麻佑/永原和可那

世界バドミントン2018 CSテレ朝チャンネル2にて放送!詳しくはコチラ

文/バドミントン・マガジン編集部
写真/菅原 淳、Getty Images


投稿日:2018/07/31

人気記事ランキング

閉じる