【アジアジュニア2018】日本は6年ぶりに決勝進出も準優勝!<団体戦>

7月14日から17日までアジアジュニア2018(インドネシア・南タンゲラン)の団体戦が開催された。スディルマン杯方式(男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの5種目)で争う団体戦に、ジュニアナショナルU19(高校生主体)のメンバーを中心に参戦した日本。予選リーグではインドネシア、シンガポールと対戦すると、第1戦でシンガポールを5−0で下し、続く強豪インドネシアにも3−2で勝利。日本は予選を1位通過した。

決勝トーナメントに進んだ日本は、準々決勝でインドを3−1で下し、準決勝のマレーシア戦も3−0で快勝。過去5大会連続で銅メダルに終わっていた日本は、何度も阻まれた準決勝の壁を破り、2012年優勝以来となる決勝進出を決めた。その決勝戦では中国と激突し、0−3で敗戦。それでも日本は銀メダルを獲得した。

団体戦の結果は以下の通り。なお、18日から個人戦が行なわれる。

【予選リーグ】

▼第1戦

日本(1勝)5−0 シンガポール(1敗)

XD 緑川/齋藤 2−0 LIM/TOH

MS 加藤 太基 2−1 Jia Wei Joel KOH

WS 水井ひらり 2−0 INSYIRAH Khan

MD 中山/緑川 2−0 NG/YONG

WD 齋藤/吉田 2−0 INSYIRAH/LIM

インドネシア(1勝)5−0 シンガポール(2敗)

◆第2戦

日本(2勝) 3−2 インドネシア(1勝1杯)

XD 緑川/齋藤 2−1 KUSHARJANTO/RAMADHANTI

MS 加藤 太基 2−0 Alberto Alvin YULIANTO

MD 中山/緑川 1−2 PRIHARDIKA/RIYANTO

WS 水井ひらり 2−0 Widjaja STEPHANI

WD 齋藤/吉田 0−2 IMANUELA/RAMADHANTI

グループA ①中国 ②マレーシア ③ミャンマー

グループB ①タイ ②台湾 ③香港 ④マカオ

グループC ①韓国 ②インド ③スリランカ ④カザフスタン

グループD ①日本 ②インドネシア ③シンガポール

【決勝トーナメント】

▼準々決勝

日本 3−1 インド

XD 緑川/齋藤 2−0 PODILE/JUPUDI

MS 加藤 太基 0−2 Lakshya SEN

MD 中山/緑川 2−1 PODILE/PANJALA

WS 水井ひらり 2−0 Aakarshi KASHYAP

インドネシア 3−1 タイ

中国 3−0 台湾

マレーシア 3−2 韓国

▼準決勝

日本 3−0 マレーシア

XD 緑川/齋藤 2−0 CHIA/TOH

MS 加藤 太基 2−1 Tze Yong NG

MD 中山/緑川 2−0 CHANG/CHUA

中国 3−1 インドネシア

▼決勝

日本 0−3 中国

XD 緑川/齋藤 0−2 GUO/LIU

MS 加藤 太基 0−2 LI Shifeng

MD 中山/緑川 1−2 DI/WANG

【選手】

◎男子

中山 裕貴(埼玉栄③)

緑川 大輝(埼玉栄③)

加藤 太基(埼玉栄③)

武井 優太(埼玉栄③)

一井 亮太(水島工③)

川本 拓真(埼玉栄②)

秦野  陸(埼玉栄②)

池端 元哉(熊本学園大付②)

◎女子

水井ひらり(ふたば未来学園③)

福本真恵七(ふたば未来学園③)

吉田 瑠実(埼玉栄③)

齋藤  夏(埼玉栄③)

上杉  杏(埼玉栄③)

内山 智尋(ふたば未来学園②)

鈴木 陽向(埼玉栄②)

大澤 佳歩(埼玉栄②)

栗原あかり(西武台千葉②)

郡司 莉子(八代白百合学園①)

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2018/07/18
■関連キーワード

人気記事ランキング