【帰国会見】「日本勢同士で決勝を戦えることは誇りに思う」(園田)

7月16日(月)、成田空港内にてマレーシアOP、インドネシアOP、タイOPの3大会に出場した日本代表が帰国し、囲み取材に応じた。日本代表選手らは各種目で好成績を収めており、その中から優勝を飾った園田啓悟/嘉村健士、福島由紀/廣田彩花のコメントを紹介しよう。

 常山&奥原のコメントは こちら

帰国会見

園田啓悟(右)/嘉村健士

マレーシアOPタイOP優勝)

嘉村「マレーシアで優勝して(その翌週の)インドネシアでは1回戦負け。悔しい結果に終わった後で、タイOPは気持ちを切り替えて、第1シードに戻って優勝できたということはうれしいです。自信が持てる3週間になりました。この先の世界選手権(7月30日〜8月5日/中国・南京)に向けて頑張っていきたい。

(日本の女子ダブルスに負けない活躍を見せたのでは?)それについては、いつも言っていること。日本の男子ダブルスも今回は3週連続で決勝にいくことができたので、女子に負けない活躍ができていると思います。この先も(結果を)継続することで男子も注目されると思うので、引き続き頑張りたいです。

(決勝を2度戦った遠藤/渡辺の存在について)決勝でやった2大会は、自分たちが一番手にいる中での大会だったので、すごいやりづらい部分はありました。でも、全日本実業団で勝つことができ、そこで少し対策ができたので、そこからうまく形がハマって2大会で勝つことができたと思います。遠藤/渡辺組も安定してきているし、すごくレシーブが強いので、見習わないといけない部分もあります」

園田「3週間のうち2週で優勝することができて、すごい自信もつきました。次は世界選手権があるので、また2人でトライしていきたいです。日本勢同士で決勝を戦えることは誇りに思います。そこで勝つことができたことも、とてもうれしい。こういうことを、継続してやっていきたいです。

(決勝で2度戦った遠藤/渡辺は)マレーシアでは自分たちが一方的な感じで勝ったけど、タイでは、難しい戦いになると思って臨みました。最後リードされても我慢して試合ができたことは、自分たちにとってはプラス。(日本の男子ダブルスは)みんなで切磋琢磨しながらできていると思います。

(結婚式後、初めての大会)マレーシアOPがそうでしたね。結婚式を挙げて責任感をあらためて感じました」
帰国会見

福島由紀(左)/廣田彩花

インドネシアOP優勝)

福島「マレーシア、インドネシア、タイは1回戦負け、優勝、ベスト8と波がある。そこをどう変えていくかは、今後の課題になってくると思います。3週連続というのは、なかなかないんですけど、今回の経験を生かして、自分たちの力に変えていけたらと思います。

(インドネシアOP優勝は)マレーシアで1回戦負けしたので、まずは1回戦を勝ちたいという気持ちでした。ポリイ(/ラハユ)たちとやったときは(相手の)地元だったので、すごくアウェーの戦いになることを想定していました。2戦負けているということもあって、そこには勝ちたいという気持ちはありました。(世界選手権は)優勝という目標を持って、頑張りたいと思います」

廣田「マレーシアで1回戦負けをして、2人とも気持ちを切り替えるのがすごく難しかったのですが、そこで気持ちを新たにインドネシアに向けて頑張ろうと思いました。そこで一戦一戦、戦ったうえで優勝できたのは、すごく自信を取り戻す大会になったかなと思います。コンスタントに3週連続で勝ち続けるのは、すごく難しいと感じましたし、結果にもバラつきがあると思ったので、戦える体、気持ちの面でも、もっと強くなれば、結果もついてくると思います。集中力を保つことも課題。

(世界選手権に向けては)昨年は出場するのが初めてでしたし、ガムシャラにやった結果が銀メダル。でも(今回は)状況は違うので、気持ち的には一戦一戦、自分たちの持ち味を出せればと思っています。、やっぱり金メダルは取りたいです」

取材・写真/平野貴也


投稿日:2018/07/16
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング