バトミントンTOP海外ニュースワールドツアー ≫ 【Super100】櫻本&高畑が今季4度目のV!<カナダOP>

【Super100】櫻本&高畑が今季4度目のV!<カナダOP>

6月19日から24日にかけてBWFワールドツアー・カナダOP(カルガリー・Super100)が開催された。日本からはB代表選手らが中心となって参戦。女子ダブルスの櫻本絢子/髙畑祐紀子が優勝、女子シングルスの髙橋沙也加、男子シングルスの古賀穂が準優勝の成績を残している。

多くの日本選手が参戦したカナダOPには、B代表の中でも好調をキープしている櫻本/髙畑、髙橋沙が決勝に進出。今年の国際大会で3優勝(すべてSuper300)を飾っている櫻本/髙畑は2回戦から登場。初戦で韓国ペアに勝利すると、準々決勝ではUSOPを制している中国の湯金華(タン・ジンファ)/于小含(ユ・シャオハン)も2−0で撃破。準決勝ではフランスペア、決勝でドイツペアをそれぞれ下して頂点に立った。櫻本/髙畑は今季4大会目の優勝。

女子シングルスの髙橋沙は、準決勝で中国の若手選手をストレートで下し、決勝では2012年ロンドン五輪金メダリストの李雪芮(リ・シュェルイ/中国)と対戦。今年4月にケガからの復帰を果たし、ユーバー杯にも出場した強敵との勝負はファイナルゲームにもつれる。終盤17オールまで競った髙橋だったが、最後は李雪芮に抜け出されて敗戦。惜しくも準優勝に終わった。

男子シングルスで決勝に進出したのは、今年からB代表入りを果たした大学生の古賀穂。予選からの戦いとなった古賀は、準々決勝で中国選手との勝負を制すると、決勝でも同じく中国の新鋭・陸光祖と対戦。5月のオーストラリアOP(Super300)を制した相手に第1ゲームを15-21で失った古賀は、第2ゲームも10-21に封じ込まれ優勝はならず。それでも、ワールドツアークラスの大会では初めて準優勝という好結果を出した。

そのほか、女子シングルスの髙橋明日香、女子ダブルスの志田千陽/松山奈未がベスト4の成績を残している。

日本選手の結果は以下の通り。

【男子シングルス】

古賀穂…準優勝!

大林拓真…3回戦進出

奈良岡功大…3回戦進出

下農走…1回戦敗退

五十嵐優…1回戦敗退

武下利一…1回戦敗退

【女子シングルス】

髙橋沙也加…準優勝!

髙橋明日香…ベスト4!

林樂…ベスト8

齋藤栞…2回戦進出

峰歩美…2回戦進出

仲井由希乃…1回戦敗退

三谷美菜津…1回戦敗退

鈴木ゆうき…予選2回戦敗退

【男子ダブルス】

齋藤太一/古賀輝…2回戦進出

小野寺雅之/岡村洋輝…2回戦進出

金子真大/久保田友之祐…2回戦進出

【女子ダブルス】

櫻本絢子/髙畑祐紀子…優勝!

志田千陽/松山奈未…ベスト4!

新玉美郷/渡邉あかね…2回戦進出

【混合ダブルス】

浦井唯行/宮浦玲奈…ベスト8

三橋健也/篠谷菜留…2回戦進出

権藤公平/栗原文音…2回戦進出

齋藤太一/渡邉あかね…1回戦敗退

久保田友之祐/志田千陽…1回戦敗退

岡村洋輝/髙畑祐紀子…予選2回戦敗退

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2018/06/25
■関連キーワード