【ユーバー杯】「後ろに先輩たちがいるのですごく心強い(廣田)」<選手コメント−1>

5月24日に開催された「トマス杯・ユーバー杯2018」5日目は、男女決勝トーナメント準々決勝が行なわれた。ここでは、準決勝をかけて台湾と対戦した日本女子の試合後のコメントを紹介しよう。

ト杯ユ杯5日目

第1シングルス

山口茜(0−2で敗戦)

「自分のプレーとしては昨日までよりは断然いいプレーができたと思いますし、昨日の状態でプレーしていたら負けていたと思う。今日できることを精一杯やろうと思いました。団体戦なので初戦を落としたのは申し訳ないというか、残念ですけど、ひどい試合ではなくて、それなりの試合で、次につなげられたと思います。本当に昨日までの試合が納得いくものではなかったですし、先輩方にも“思い切ってやってこい”といわれたので、勝っても負けても、しっかり自分の全部を出せるようにやりました。

(よくなった点は)ショットというよりは、フットワークの部分でスピードもそうだし、最初の一歩目の反応がよくなっている。しっかり体がシャトルの下に入れているぶん、安定したショットだったり、思い切ったショットが昨日よりは出せると思います。これまではスピードというより、反応が遅いと感じていたので、反応をよくしようと思っていて、その感覚がつかめている。今日(台湾戦)のアップから動けていると感じた。試合前からも自信を持って入れたかなと思います」

ト杯ユ杯5日目

第1ダブルス

福島由紀/廣田彩花(右)

福島「0−1の展開で出回ってきたけど、自分たちの力をしっかり出していければ1ポイント取り返せると思っていました。それができたのはよかったけど、ミスが多かったですし、上げすぎだったので、反省点ではあります。でも、勝ちきれたのはすごくよかったなと思います。

(2ゲーム目で競ったが)自分たちが上げすぎて、ただミスしているだけでした。でも、攻められていはいましたが、少し(プレーを)変えていければ大丈夫だという気持ちはあったし、とくに焦りはなかったです」

廣田「1ゲーム目は簡単にとれましたけど、どこかで2ゲーム目は競ると思っていました。(実際に)そういう展開になったのは、相手がシャトルの飛ばないコートに入ったので、ブンブン振ってきた。アウトにならないからだと思いますが、それで上げすぎて打たれる展開が多くなってしまった。そこが反省かなと思います。プレッシャーはあまりなくて、自分たちのプレーを1試合1試合と思って入っています。後ろにも先輩たちがいるのですごく心強いです」

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2018/05/25

人気記事ランキング