バトミントンTOP国内ニュース社会人・大学 ≫ 【TOP4】日本ユニシスがヨネックスを下し決勝へ!<女子・準決勝>

【TOP4】日本ユニシスがヨネックスを下し決勝へ!<女子・準決勝>

3月24日(土)、宮城県仙台市のゼビオアリーナ仙台にて『TOP4 TOURNAMENT』が開幕した。今回が初開催となる本大会は“国内バドミントン最強決定戦”と銘打たれ、S/Jリーグ2017の男女上位4チームずつが出場する公式カップ戦だ。ここでは、24日の11時から行なわれた第一部、女子準決勝・日本ユニシスVSヨネックス戦をダイジェストでお伝えしよう。

女子はS/Jリーグ2017の覇者・日本ユニシスが4位のヨネックスを迎え打った。この試合、勝負のカギとなったのが東野有紗/中西貴映(日本ユニシス)と福万尚子/與猶くるみ(ヨネックス)の対戦となった第1ダブルスだ。日本ユニシスの第2ダブルスに髙橋礼華/松友美佐紀が控えていることを考慮すれば、エースダブルスで先制しておきたいヨネックス。しかし、東野/中西の若手ペアは第1ゲームこそ20-22で競り負けたが、第2ゲームをわずか10本で奪い返すと、ファイナル勝負では福万/與猶との競り合いを制して18本で勝利した。

TOP4TOURNAMENT
実力ペアを相手に2−1で勝利した東野有紗(左)/中西貴映

ヨネックスはシングルスで地元・仙台出身の佐藤冴香が、髙橋沙也加を相手に21−18、23−21でストレート勝ちをしたものの、第2ダブルスは満を持して登場したユニシスのエース・髙橋礼/松友が14本オールで櫻本絢子/髙畑祐紀子を退けてチームの勝利を確定。ユニシスは明日の決勝戦でS/Jリーグに続くタイトル奪取をめざす。

TOP4TOURNAMENT
接戦をモノにしたヨネックスの佐藤冴香
TOP4TOURNAMENT
第2ダブルスに登場した髙橋礼華(右)/松友美佐紀が勝利をつかみ決勝へ進出

<日本ユニシス・小宮山元監督>

「第1複は相手の方がシャトルが飛ばないなかでの戦いをしていたと思います。ファイナルでリードされたときに、食いついていけたので勝つチャンスが来ましたけど、内容的には相手が上でしたね。うちは後ろに髙橋/松友がいたので相手は負けられないというプレッシャーを感じてくれたんじゃないでしょうか。明日の決勝は、初めての大会だから勝ちたいというよりかは、相手に負けたくないという気持ちで頑張りたいと思います」

▼女子準決勝・第1試合

日本ユニシス 2−1 ヨネックス

東野有紗/中西貴映②〔20−22、21−10、21−18〕1●福万尚子/與猶くるみ

髙橋沙也加●0〔18−21、21−23〕②佐藤冴香

髙橋礼華/松友美佐紀②〔21−14、21−14〕0●櫻本絢子/髙畑祐紀子

※日本ユニシスが決勝に進出

文/吉井信行  写真/菅原淳


投稿日:2018/03/24
■関連キーワード