【TOP4】トナミ運輸が地力を見せ決勝へ!<男子・準決勝>

3月24日(土)、宮城県仙台市のゼビオアリーナ仙台にて『TOP4 TOURNAMENT』が開幕した。今回が初開催となる本大会は“国内バドミントン最強決定戦”と銘打たれ、S/Jリーグ2017の男女上位4チームずつが出場する公式カップ戦だ。ここでは、24日の17時から行なわれた第二部の男子準決勝「トナミ運輸vs日立情報通信エンジニアリング」をダイジェストでお届けする。

今季のS/Jリーグで2連覇を果たした王者・トナミ運輸が対戦したのは、日立情報通信エンジニアリング。トナミは第1ダブルスに嘉村健士/小林優吾、第2ダブルスに園田啓悟/保木卓朗と本来とは違ったペアで戦った。それでも、4人全員が日本A代表で個々の実力に疑いの余地はなく、第1複の嘉村/小林は日立のエース・松居圭一郎/竹内義憲に対して、第1ゲームを22―20で競り勝つと、第2ゲームは落としたものの、ファイナルは21-10と寄せ付けず勝利。チームに勢いをもたらした。

いつもとは違うペアながら第1ダブルスで接戦を制した嘉村(右)/小林
いつもとは違うペアながら第1複で接戦を制した嘉村(右)/小林
日立・松居(右)/竹内は、ファイナル勝負へと持ち込むも惜敗
日立の松居(右)/竹内は、ファイナル勝負へと持ち込むも惜敗

続くシングルスでは、トナミの主将・武下利一がS/Jリーグ2017の秋田大会で敗れている丸尾亮太郎との一戦に挑んだ。その武下は、第1ゲームを11-1で折り返すなど序盤から独走。結局、13本で第1ゲームを先取した武下は、第2ゲームの終盤こそ丸尾の攻勢を受けたが、奪ったリードを明け渡すことなくストレート勝ちして総合王者の貫禄を示した。これで2−0としたトナミは第2ダブルスに回さずに決勝進出を決めた。

トナミ運輸は25日の決勝戦でライバル・日本ユニシスと対戦する。

武下は主将としての責任を果たし、自身の勝利でチームの勝ちを確定させた
武下は主将の責任を果たし、自身でチームの勝利を確定させた

<トナミ運輸・荒木純監督>

「ダブルス陣の組み替えは、海外遠征の疲れもあるだろうし、チームに帰ってきたときにはリラックスさせたかったのと、今大会は『楽しもう』というコンセプトだともいってきているので。もちろん、日本のトップダブルスである4人を組み替えるだけなので、十分に勝負をしてくれると信頼はしていました。明日のユニシスは、(17年度の)実業団選手権とSJリーグで対戦して負けているので、勝ちたいと思っています」

▼準決勝・第2試合結果
トナミ運輸 2―0 日立情報通信エンジニアリング
嘉村健士/小林優吾 ②(22-20、17-21、21-10)1 松居圭一郎/竹内義憲
武下利一 ②(21-13、21-17)0 丸尾亮太郎
園田啓悟/保木卓朗 実施せず 大嶋一彰/高野将斗
(今大会はシングルスで勝敗が決まった場合、第2複は実施しない)

※トナミ運輸が決勝に進出

文/吉井信行  写真/菅原淳


投稿日:2018/03/25
■関連キーワード

      

人気記事ランキング

閉じる