【Super1000】女子ダブルスは3組が準決勝へ! 渡辺勇大は2種目でベスト4入り!<全英OP>

3月16日に開催されたBWFワールドツアー・全英OP(Super1000)3日目は、各種目準々決勝が行なわれた。

初日の結果は こちら 2日目の結果は こちら

CSテレ朝チャンネル2の放送予定は こちら!

日本から4組が勝ち進んだ女子ダブルスは、米元小春/田中志穂、福島由紀/廣田彩花、松本麻佑/永原和可那の3組が準決勝に残った。第1シードで中国の陳清晨(チェン・チンチェン)/賈一凡(ジャ・イーファン)と対戦したのが米元/田中。昨年の全英でも対決している2組の勝負は、前回に引き続き米元/田中が勝利。第1ゲームを失った後の第2ゲームを21-17で奪い返すと、ファイナルゲームも21-15で制してベスト4入りを決めた。

全英OP
米元小春/田中志穂(右)

タイの2番手ペアと対戦した福島由紀/廣田彩花は、16本、18本のストレートで下し、こちらも準決勝へ。第2シードの髙橋礼華/松友美佐紀と松本麻佑/永原和可那の日本人対決は、第1ゲームを21-17で奪った松本/永原が、続く第2ゲームもデュースにもつれた接戦を25-23で競り勝ち、高レベル(旧SSプレミア以上)の大会では初のベスト4進出を遂げている。

全英OP
松本麻佑/永原和可那(左)

女子シングルスは山口茜、奥原希望、大堀彩の3選手が登場。スペインのキャロリーナ・マリーンと対戦した世界ランク2位の山口は、第1ゲームを21-15で奪うと、第2ゲームも相手の攻勢を抑えて21-18で勝利。昨年に続き、全英4強を決めている。世界ランク1位の戴資穎(台湾)と対戦した大堀は、0−2のストレートで敗れて準決勝進出はならず。昨年の世界選手権決勝を争ったプサルラ・V.シンドゥ(インド)と激突した奥原は、第1ゲームを奪ったものの、続く第2、3ゲームを相手に押し切られて勝利はならず。準々決勝で惜しくも敗れた。

全英OP
山口茜

男子ダブルスでは、昨年の全日本総合王者の遠藤大由/渡辺勇大が、台湾ペアと激突。第1ゲームを制した日本ペアは、第2ゲームも相手の猛追を振り切って21-19で勝利。男子ダブルスでは16年準優勝を飾った早川賢一/遠藤大由以来となるベスト4入りを決めている。また、混合ダブルスでも、日本王者の渡辺勇大/東野有紗が、地元のアドコック夫妻(イングランド)をファイナル勝負で退けて、昨年に続く準決勝進出を果たした。

全英OP
遠藤大由(手前)/渡辺勇大

男子シングルスに登場した西本拳太は、孫完虎(ソン・ワンホ/韓国)と対戦。第1ゲームを孫完虎、第2ゲームを西本が奪い、勝負はファイナルゲームにもつれたが、ここを制したのは韓国のエース。西本は14-21で力尽き、全英での初のベスト4はならなかった。

全英OP
渡辺勇大/東野有紗

そのほか、男子シングルスでは中国3選手が準決勝へ。全英6度優勝の実績を誇る林丹は、リー・チョンウェイ(マレーシア)とのレジェンド対決を2−0勝利。また、石宇奇(シー・ユーチ/中国)は、同郷でリオ五輪金メダリストの諶龍を下し、こちらも4強入り。女子シングルスは戴資穎、山口、シンドゥのほかに、陳雨菲(チェン・ユーフェイ/中国)がベスト4に入った。

全英OP
勝利を飾った林丹(右/中国)

準々決勝の結果、準決勝の対戦カードは以下の通り。

【男子シングルス】

孫完虎(韓国)②〔21−18、9−21、21−14〕1●西本拳太78分

石宇奇(中国)②〔21−10、21−17〕0●諶龍(中国)39分

黄宇翔(中国)②〔20−22、21−16、23−21〕1●プラノイ・H.S.(インド)

林丹(中国)②〔21−16、21−17〕0●リー・チョンウェイ(マレーシア)52分

全英OP
西本拳太

▼準決勝

孫完虎(韓国) − 石宇奇(中国)

林丹(中国) − 黄宇翔(中国)

【女子シングルス】

戴資穎(台湾)②〔21−12、21−13〕0●大堀彩32分

プサルラ・V.シンドゥ(インド)②〔20−22、21−18、21−18〕1●奥原希望

陳雨菲(中国)②〔21−17、21−12〕0●ミア・ブリックフェルト(デンマーク)44分

山口茜②〔21−15、21−18〕0●キャロリーナ・マリーン(スペイン)52分

全英OP
奥原希望
全英OP
大堀彩

▼準決勝

戴資穎(台湾) − 陳雨菲(中国)

山口茜 − プサルラ・V.シンドゥ(インド)

【男子ダブルス】

遠藤大由/渡辺勇大②〔21−14、21−19〕0●廖敏竣/蘇敬恒(台湾)42分

ギデオン/スカムルジョ(インドネシア)②〔21−15、21−13〕0●陳宏麟/王齊麟(台湾)30分

ボー/モーゲンセン(デンマーク)②〔22−20、21−11〕0●ゴーVS/タンWK(マレーシア)43分

ピーターセン/コールディング(デンマーク)②〔23−21、21−15〕0●李俊慧/劉雨辰(中国)48分

▼準決勝

遠藤大由/渡辺勇大 − ボー/モーゲンセン(デンマーク)

ギデオン/スカムルジョ(インドネシア) − ピーターセン/コールディング(デンマーク)

【女子ダブルス】

米元小春/田中志穂②〔14−21、21−17、21−15〕1●陳清晨/賈一凡(中国)80分

福島由紀/廣田彩花②〔21−16、21−18〕0●ジョンコパン/ラウィンダ(タイ)48分

松本麻佑/永原和可那②〔21−17、25−23〕0●髙橋礼華/松友美佐紀50分

リターユール/ペデルセン(デンマーク)②〔21−15、21−14〕0●李紹希/申昇瓚(韓国)45分

全英OP
福島由紀(左)/廣田彩花

▼準決勝

リターユール/ペデルセン(デンマーク) − 松本麻佑/永原和可那

福島由紀/廣田彩花 − 米元小春/田中志穂

【混合ダブルス】

渡辺勇大/東野有紗②〔18−21、21−15、21−15〕1●C・アドコック/G・アドコック(イングランド)55分

張楠/李茵暉(中国)②〔21−14、18−21、21−18〕1●ファイザル/ウィジャヤ(インドネシア)65分

鄭思維/黄雅瓊(中国)②〔21−16、16−21、21−11〕1●王懿律/黄東萍(中国)54分

クリスチャンセン/ペデルセン(デンマーク)②〔21−16、21−15〕0●ジョルダン/スサント(インドネシア)45分

▼準決勝

クリスチャンセン/ペデルセン(デンマーク) − 鄭思維/黄雅瓊(中国)

渡辺勇大/東野有紗 − 張楠/李茵暉(中国)

▼放送予定

バドミントン全英OP2018

CSテレ朝チャンネル2にて

独占生中継!

詳しくは こちら!

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2018/03/17
■関連キーワード

         

人気記事ランキング

閉じる