【Super1000】日本勢が順当に白星ゲット!大堀が韓国エースを下す!<全英OP>

3月14日に開幕したBWFワールドツアー・全英OP(Super1000)。大会初日は、各種目1回戦が行なわれた。

今回は予選が行なわれず、世界の精鋭のみが出場することになった全英OP。ここに多くの日本人選手が出場した。5選手が登場した女子シングルスは、山口茜、奥原希望、佐藤冴香らが白星をゲット。大堀彩は世界ランク上位の韓国・成池鉉(スン・ジヒュン)らを下し、川上紗恵奈とともに勝利を飾っている。

全英OP
奥原希望
全英OP
大堀彩

同じく5組が出場した女子ダブルスは、髙橋礼華/松友美佐紀、福島由紀/廣田彩花、米元小春/田中志穂らが2−0で快勝。初出場の松本麻佑/永原和可那も白星発進を飾った。福万尚子/與猶くるみは、第1シードの中国・陳清晨(チェン・チンチェン)/賈一凡(ジャ・イーファン)に敗れて初戦敗退となった。

全英OP
松本麻佑(手前)/永原和可那

男子シングルスは西本拳太と常山幹太の日本人同士の対決となり、西本に軍配があがった。男子ダブルスは昨年の全日本総合王者の遠藤大由/渡辺勇大が2−0で勝利したものの、シードの園田啓悟/嘉村健士や、保木卓朗/小林優吾、井上拓斗/金子祐樹らは敗れている。

前回大会ベスト4に入った混合ダブルスの渡辺勇大/東野有紗は、勢いのある香港ペアを下して初戦突破を決めている。

全英OP
勝利を喜ぶ渡辺勇大(左)/東野有紗

1回戦の結果、2回戦の対戦カードは以下の通り。

【男子シングルス】

西本拳太②〔21−8、21−18〕0●常山幹太44分

※坂井一将は出場取り消し

全英OP
常山幹太
全英OP
西本拳太

▼2回戦

西本拳太 − 伍家朗(香港)

【女子シングルス】

佐藤冴香②〔21−10、21−14〕0●張雁宜(香港)33分

川上紗恵奈②〔21−9、21−11〕0●エフゲニヤ・コステツカヤ(ロシア)26分

山口茜②〔21−10、21−14〕0●李佳馨(台湾)26分

大堀彩②〔21−16、21−17〕0●成池鉉(韓国)47分

奥原希望②〔21−15、21−8〕0●白馭珀(台湾)31分

▼2回戦

奥原希望 − フィトリアニ(インドネシア)

川上紗恵奈 − キャロリーナ・マリーン(スペイン)

大堀彩 − ゴー・ジンウェイ(マレーシア)

山口茜 − 佐藤冴香

全英OP
川上紗恵奈
全英OP
佐藤冴香

【男子ダブルス】

遠藤大由/渡辺勇大②〔21−8、24−22〕0●キッティヌポン/デチャポル(タイ)36分

井上拓斗/金子祐樹●0〔10−21、15−21〕②陳宏麟/王齊麟(台湾)29分

園田啓悟/嘉村健士●0〔13−21、17−21〕②ゴーVS/タンWK(マレーシア)31分

保木卓朗/小林優吾●0〔19−21、18−21〕②ランキレッディ/シェティ(インド)36分

▼2回戦

遠藤大由/渡辺勇大 − 李洋/李哲輝(台湾)

全英OP
園田啓悟/嘉村健士(右)

【女子ダブルス】

髙橋礼華/松友美佐紀②〔21−14、21−13〕0●ポンナッパ/レッディ・シッキ(インド)37分

米元小春/田中志穂②〔21−14、21−11〕0●ジャッカムプディ/P・S・ラム(インド)27分

福島由紀/廣田彩花②〔21−12、21−16〕0●デリュー/パレルモ(フランス)37分

福万尚子/與猶くるみ●0〔20−22、14−21〕②陳清晨/賈一凡(中国)48分

松本麻佑/永原和可那②〔21−17、21−5〕0●チェルフヤコワ/モロゾワ(ロシア)34分

▼2回戦

髙橋礼華/松友美佐紀 − ハリス/プラディプタ(インドネシア)

米元小春/田中志穂 − アワンダ/イスタラニ(インドネシア)

福島由紀/廣田彩花 − 金昭英/孔熙容(韓国)

松本麻佑/永原和可那 − G・ストエワ/S・ストエワ(ブルガリア)

【混合ダブルス】

渡辺勇大/東野有紗②〔18−21、21−18、21−16〕1●鄧俊文/謝影雪(香港)56分

▼2回戦

渡辺勇大/東野有紗 − アレンズ/ピキ(オランダ)

全英OP

▼放送予定

バドミントン全英OP2018

CSテレ朝チャンネル2にて

独占生中継!

詳しくは こちら!

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2018/03/15
■関連キーワード

         

人気記事ランキング