バトミントンTOP海外ニュースワールドツアー ≫ 【Super300】高橋沙也加、櫻本&高畑が頂点に!<スイスOP>

【Super300】高橋沙也加、櫻本&高畑が頂点に!<スイスOP>

2月25日に開催されたBWFワールドツアー・スイスOP(Super300/バーゼル)最終日は、各種目決勝戦が行なわれた。

スイスOP

日本勢は女子シングルスの髙橋沙也加(上写真)と仁平菜月、そして女子ダブルスの櫻本絢子/髙畑祐紀子が決勝に進出。女子シングルスは日本選手同士の対戦となり、優勝をつかんだのは髙橋。第1ゲームは連続得点などで先行し、21-12で先制。第2ゲームは中盤12-7とリードしていた仁平を、髙橋が逆転で振りきり2−0のストレートで勝利。国際大会では昨年のベトナムOP(旧GP)以来の優勝をつかんだ。

スイスOP
優勝を果たした髙橋沙也加(右)と準優勝の仁平菜月

女子ダブルスは、櫻本/髙畑がブルガリアのストエヴァ姉妹と対戦。第1ゲームこそ19-21で落とした日本ペアだったが、第2ゲームを21-15で奪い返すと、ファイナルゲームは16-18から5連続ポイントで逆転勝利。櫻本/髙畑はSuper300(旧GPG)レベルの大会では、初の頂点に輝いた。

スイスOP
女子ダブルスを制した櫻本絢子/髙畑祐紀子(手前)

男子シングルスでは、準々決勝で桃田賢斗を下したインドのサミール・バラマが優勝。決勝ではケガからの復帰を果たしたヤン・O・ヨルゲンセン(デンマーク)を2−0で抑えて、昨年のインドGPG以来の優勝を手にした。男子ダブルスはベテランのボー/モーゲンセン(デンマーク)がV。混合ダブルスはドイツのラムスフス/ハートリッチ(ドイツ)が制している。

決勝の結果は以下の通り。

【男子シングルス】

サミール・バラマ(インド)②〔21−15、21−13〕0●ヤン・O・ヨルゲンセン(デンマーク)36分

【女子シングルス】

髙橋沙也加②〔21−12、21−18〕0●仁平菜月40分

【男子ダブルス】

ボー/モーゲンセン(デンマーク)②〔21−15、21−11〕0●ティン/キッティサク(タイ)36分

【女子ダブルス】

櫻本絢子/髙畑祐紀子②〔19−21、21−15、21−18〕1●G・ストエヴァ/S・ストエヴァ(ブルガリア)80分

【混合ダブルス】

ラムスフス/ハートリッチ(ドイツ)②〔22−20、21−19〕0●エリス/スミス(イングランド)47分

◆2018年の大会日程はこちら

BWF:BWF主催大会

SUPER1000…SSプレミア相当

SUPER750…SSプレミア相当

SUPER500…SS相当

SUPER300…GPG相当

SUPER100…GP相当

IC…インターナショナルチャレンジ

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2018/02/26
■関連キーワード