【Super300】女子シングルス3選手が準決勝へ! 桃田は0−2で敗戦<スイスOP>

2月23日に開催されたBWFワールドツアー・スイスOP(Super300/バーゼル)4日目は、各種目準々決勝が行なわれた。

男子シングルスに勝ち残っていた桃田賢斗は、準々決勝でインドのサミール・バラマと激突。世界ランキング44位の相手に対し、桃田は第1ゲームを17-21で落とすと、続く第2ゲームも16-21。0−2のストレート負けを喫し、準々決勝で姿を消した。旧GPGクラスの大会では昨年のUSOP以来となる8強入りを決めた渡邉も、フランス選手とのファイナル勝負に敗れ、上位進出はならなかった。

女子シングルスは、第1シードの髙橋沙也加がデンマークの2番手・リーネ・カエスフェルトと対戦すると、21-14、21-13の2−0で制して準決勝進出。仁平菜月はスペイン選手を、三谷美菜津はブルガリア選手をそれぞれ2−0で下し、こちらも準決勝に勝ち進んだ。髙橋は準決勝でロシア選手と、また仁平と三谷は直接対決で決勝の切符を争う。

女子ダブルスは櫻本絢子/髙畑祐紀子、志田千陽/松山奈未の2組がそれぞれ白星を奪取。準決勝では日本ペア同士が対決する。

準々決勝の結果は以下の通り。

【男子シングルス】

▼準々決勝

桃田賢斗●0〔17−21、16−21〕②サミール・バラマ(インド)44分

渡邉航貴●1〔14−21、21−19、13−21〕②ルーカス・コロビー(フランス)63分

【女子シングルス】

▼準々決勝

髙橋沙也加②〔21−14、21−13〕0●リーネ・カエスフェルト(デンマーク)35分

仁平菜月②〔21−8、21−17〕0●ベートリッツ・コラレス(スペイン)34分

三谷美菜津②〔21−17、22−20〕0●リンダ・ゼトチリ(ブルガリア)41分

▼準決勝

髙橋沙也加 − エフゲニヤ・コステツカヤ(ロシア)

仁平菜月 − 三谷美菜津

【女子ダブルス】

▼準々決勝

櫻本絢子/髙畑祐紀子②〔21−13、21−14〕0●ピキ/セイネン(オランダ)38分

 

志田千陽/松山奈未②〔21−9、21−19〕0●スミス/ウォーカー(イングランド)37分

▼準決勝

櫻本絢子/髙畑祐紀子 − 志田千陽/松山奈未

◆2018年の大会日程はこちら

BWF:BWF主催大会

SUPER1000…SSプレミア相当

SUPER750…SSプレミア相当

SUPER500…SS相当

SUPER300…GPG相当

SUPER100…GP相当

IC…インターナショナルチャレンジ

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2018/02/24
■関連キーワード

                     

人気記事ランキング