【Super300】渡邉航貴がリオ五輪8強のイングランド選手を撃破!<スイスOP>

2月22日にBWFワールドツアー・スイスOP(Super300/バーゼル)3日目が行なわれた。

旧GPGと同格にあたるSuper300の大会で、日本は男子シングルスの桃田賢斗、渡邉航貴、五十嵐優の3選手が2回戦に出場。桃田はフランス選手を2−0のストレートで制して準々決勝に進出。渡邉は今大会の第1シードで、リオ五輪8強のラジフ・ウーセフ(イングランド)をファイナル勝負の末に下し、同じく準々決勝進出を決めている。五十嵐はインドのサミール・バラマとの接戦に敗れ、上位進出はならなかった。

女子シングルスは髙橋沙也加、仁平菜月、三谷美菜津の3選手が順当に勝ち星をつかんでベスト8入り。女子ダブルスの志田千陽/松山奈未は2−0で、櫻本絢子/髙畑祐紀子はファイナル勝負を制してベスト8入りを果たしている。

2回戦の結果は以下の通り。

【男子シングルス】

▼2回戦

渡邉航貴②〔20−22、21−17、21−14〕1●ラジフ・ウーセフ(イングランド)59分

桃田賢斗②〔21−15、21−16〕0●マーク・カルジョウ(フランス)40分

五十嵐優●1〔21−11、18−21、16−21〕②サミール・バラマ(インド)65分

▼準々決勝

桃田賢斗 − サミール・バラマ(インド)

渡邉航貴 − ルーカス・コロビー(フランス)

【女子シングルス】

▼2回戦

髙橋沙也加②〔21−11、21−11〕0●リアニー・アレッサンドラ・マイナキー(インドネシア)31分

仁平菜月②〔21−17、21−19〕0●ミア・ブリッチフェルト(デンマーク)43分

三谷美菜津②〔21−8、21−13〕0●S・U・ラオ・チュッカ(インド)24分

▼準々決勝

髙橋沙也加 − リーネ・カエスフェルト(デンマーク)

仁平菜月 − ベートリッツ・コラレス(スペイン)

三谷美菜津 − リンダ・ゼトチリ(ブルガリア)

【女子ダブルス】

▼2回戦

新玉美郷/渡邉あかね●1〔21−14、13−21、17−21〕②レフィール/トラン(フランス)54分

櫻本絢子/髙畑祐紀子②〔21−7、19−21、21−12〕1●ハートリッチ/ネルテ(ドイツ)58分

志田千陽/松山奈未②〔21−18、21−12〕0●チェルフヤコワ/モロゾワ(ロシア)36分

▼準々決勝

櫻本絢子/髙畑祐紀子 − ピキ/セイネン(オランダ)

志田千陽/松山奈未 − スミス/ウォーカー(イングランド)

◆2018年の大会日程はこちら

BWF:BWF主催大会

SUPER1000…SSプレミア相当

SUPER750…SSプレミア相当

SUPER500…SS相当

SUPER300…GPG相当

SUPER100…GP相当

IC…インターナショナルチャレンジ

文/バドミントン・マガジン編集部

 


投稿日:2018/02/23
■関連キーワード

      

人気記事ランキング