【S/Jリーグ】日本ユニシスが日立情報通信Eに勝利!ACTは今季初白星!<那覇大会>

1月28日にバドミントンの最高峰リーグ『S/Jリーグ2017』第9日が、長野県大町市、福井県福井市、岡山県岡山市、沖縄県那覇市の4会場で開催された。ここでは那覇大会の男女結果をお伝えしよう。

【男子】

トナミ運輸の独走に待ったをかけたい日本ユニシスは、遠藤大由/渡辺勇大、井上拓斗/金子祐樹の主軸を欠くなか、リーグ初Vをねらう日立情報通信エンジニアリングと対戦した。

第1ダブルスを先取したのは日立情報通信E。今季はエースダブルスとして活躍する竹内義憲/松居圭一郎が、ユニシスの若手・岡村洋輝/渡邉航貴をファイナル勝負の末に21-19で競り勝つ。

しかし、ここから踏ん張りを見せたのが日本ユニシスだった。シングルスの内定選手・五十嵐優が、日立の丸尾亮太郎との接戦を2-1で制して第2ダブルスにつなぐと、その期待に答えたのがベテランの数野健太と上田拓馬。今季リーグはダブルスに出場している上田と、今年度いっぱいでの引退を決めている数野が、日立の塚本好喜/高野将斗から第1ゲーム21-19で先制。第2ゲームは落としたが、最終ゲームは21-11で制した数野/上田が2−1で勝利。苦しい台所事情の日本ユニシスだったが、強豪から貴重な白星を奪って逆転優勝に望みを残した。

▼結果

日本ユニシス(4勝1敗)2−1 日立情報通信エンジニアリング(3勝2敗)

岡村洋輝/渡邉航貴●1〔21−17、18−21、19−21〕②竹内義憲/松居圭一郎

五十嵐優②〔21−16、17−21、21−19〕1●丸尾亮太郎

数野健太/上田拓馬②〔21−19、14−21、21−11〕1●塚本好喜/高野将斗

【女子】

今季いまだ白星がないACT SAIKYOは、すでに1勝を手にしている山陰合同銀行と対戦した。

第1ダブルスをモノにしたのは合銀だ。エースの久後あすみ/横山めぐみが、ACT SAIKYOの今井優歩/重田美空を17本、9本で退ける。シングルスはACT SAIKYOの齋藤栞が、合銀のエース・漆﨑真子とのファイナル勝負を21-19で制して第2ダブルスにつなぐ。すると、このバトンを白星につなげたのが、ACT SAIKYOの米元陽花/中村麻裕。合銀の樽野恵/横山恵里香に対して第1ゲーム23-21でつかむと、第2ゲームは12本に抑えて勝利。ACT SAIKYOが待望の白星を手にした。

▼結果

ACT SAIKYO(1勝5敗)2−1 山陰合同銀行(1勝4敗)

今井優歩/重田美空●0〔17−21、9−21〕②久後あすみ/横山めぐみ

齋藤栞②〔21−19、19−21、21−19〕1●漆﨑真子

米元陽花/中村麻裕②〔23−21、21−12〕0●樽野恵/横山恵里香

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2018/01/29

人気記事ランキング

閉じる