【S/Jリーグ】再春館が3−0で勝利! 男子は金沢学院が2勝目!<福井大会>

1月28日にバドミントンの最高峰リーグ『S/Jリーグ2017』第9日が、長野県大町市、福井県福井市、岡山県岡山市、沖縄県那覇市の4会場で開催された。ここでは福井大会の男女結果をお伝えしよう。

【女子】

4勝1敗で2位につけていた再春館製薬所は、2勝2敗のNTT東日本と対戦した。第1ダブルスは、再春館のエースダブルス・福島由紀/廣田彩花が満を持して登場。NTTの橋本由衣/三谷美菜津を6本、8本で退けて先制すると、シングルスに登場した再春館の山口茜が、NTTのルーキー・大家夏稀をこちらも2−0のストレートで快勝。再春館が早々とチームの白星をつかんだ。

第2ダブルスも再春館の志田千陽/松山奈未が、尾﨑沙織/川島里羅とのファイナル勝負を21-19で勝利。リーグ連覇に向けて、しっかり勝ち星をつかんでいる。

▼結果

再春館製薬所(5勝1敗)3−0 NTT東日本(2勝3敗)

福島由紀/廣田彩花②〔21−6、21−8〕0●橋本由衣/三谷美菜津

山口茜②〔21−10、21−11〕0●大家夏稀

志田千陽/松山奈未②〔18−21、21−15、21−19〕1●尾﨑沙織/川島里羅

 【男子】

2勝目をねらうチーム同士の対決となった、金沢学院クラブとJR北海道の一戦。第1ダブルスを先制したのは、JR北海道の東野圭悟/渡部大だ。ファイナルゲームにもつれた接戦を21-15で振り切って、金沢学院にプレッシャーをかける。

しかし、今季金沢学院に加入して大黒柱となった山口容正が、JR北海道の塚本光希を2−0のストレートで勝利すると、第2ダブルスも金沢学院の荒井大輝/神田遼が、牧野公亮/岡村和輝との接戦をファイナル15本で勝利。金沢学院が2勝目をつかみ、リーグ6位に浮上した。

▼結果

金沢学院クラブ(2勝4敗)2−1 JR北海道(1勝5敗)

小林晃/吉森司●1〔22−20、16−21、15−21〕②東野圭悟/渡部大

山口容正②〔21−12、21−16〕0●塚本光希

荒井大輝/神田遼②〔21−16、19−21、21−15〕1●牧野公亮/岡村和輝

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2018/01/29
■関連キーワード

            

人気記事ランキング

閉じる