【Super500】渡辺&東野は強豪ペアを倒せず…<インドネシアマスターズ>

1月23日にBWFワールドツアー・インドネシアマスターズ(Super500/ジャカルタ)初日は、各種目予選、混合ダブルス1回戦が行なわれた。

日本勢は混合ダブルスの渡辺勇大/東野有紗が1回戦に登場。先週のマレーシアマスターズ(Super500)で準優勝に入った中国の鄭思維(チェン・シーウェイ)/黄雅瓊(ファン・ヤーチョン)と対戦した。

第1ゲームは序盤からリードを保った中国ペアが19-12としたが、渡辺/東野も6連続得点で差をつめる。しかし、最後は中国ペアが振り切って第1ゲームを奪うと、第2ゲームも一気に点差を広げた鄭思維/黄雅瓊が21-7で快勝。渡辺/東野は初戦敗退となった。

インドネシアマスターズ
0−2で敗れた渡辺勇大(手前)/東野有紗

1回戦の結果、対戦カードは以下の通り。

【男子シングルス】

坂井一将 − サミール・ベルマ(インド)

常山幹太 − 王子維(台湾)

【女子シングルス】

佐藤冴香 − ニチャオン・ジンタポル(タイ)

奥原希望 − 張雁宜(香港)

大堀彩 − 何冰嬌(中国)

【男子ダブルス】

井上拓斗/金子祐樹 − シェティ/ランキレッディ(インド)

遠藤大由/渡辺勇大 − イワノフ/ソゾノフ(ロシア)

【女子ダブルス】

髙橋礼華/松友美佐紀 − 黄東萍/李汶妹(中国)

【混合ダブルス】

渡辺勇大/東野有紗●0〔18−21、7−21〕②鄭思維/黄雅瓊(中国)30分

 

◆2018年の大会日程はこちら

BWF:BWF主催大会

SUPER1000…SSプレミア相当

SUPER750…SSプレミア相当

SUPER500…SS相当

SUPER300…GPG相当

SUPER100…GP相当

IC…インターナショナルチャレンジ

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2018/01/24

人気記事ランキング