【アジア団体】男子は韓国、女子はインドと同組に!<予選リーグ組み合わせ>

1月23日にマレーシアのアロー・スターで、アジア団体選手権(2月6日〜11日/マレーシア)の予選リーグ組み合わせ抽選会が行なわれた。5月にタイ・バンコクで行なわれるトマス杯・ユーバー杯の予選も兼ねているこの大会は、3シングルス、2ダブルスで勝敗を争い、各リーグ上位2カ国が決勝トーナメントに進出できる。ベスト4に入った国はトマス杯・ユーバー杯の出場権を獲得できる。

前回の2016年大会では、男女ともに準優勝を飾った日本。男子はグループBに入り、強豪・韓国と同組になった。グループAに入った女子は、インド、香港との激突する。男女予選リーグの組み合わせは以下の通り。

【男子団体】

▼グループA

中国、香港、シンガポール

▼グループB

日本、韓国、ネパール、カザフスタン

▼グループC

台湾、マレーシア、タイ、ミャンマー

▼グループD

インドネシア、インド、フィリピン、モルディブ

【女子団体】

▼グループA

日本、インド、香港

▼グループB

韓国、台湾、モルディブ

▼グループC

タイ、マレーシア、ベトナム、フィリピン

▼グループD

中国、インドネシア、シンガポール

前回大会の決勝結果はこちら

◆日本代表選手

男子:西本拳太、坂井一将、常山幹太、桃田賢斗、遠藤大由/渡辺勇大、保木卓朗/小林優吾、園田啓悟/嘉村健士

女子:山口茜、大堀彩、佐藤冴香、奥原希望、福島由紀/廣田彩花、髙橋礼華/松友美佐紀、米元小春/田中志穂

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2018/01/24
■関連キーワード

         

人気記事ランキング