【全日本総合】「死んでもいいくらいの気持ちだった」(大堀)<準決勝コメント-2>

12月2日に開催された第71回全日本総合選手権(東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館)5日目は、各種目準決勝が行なわれた。ここでは、注目選手・ペアのコメントを紹介しよう。

全日本総合大堀彩

(トナミ運輸)

結果:峰歩美(再春館製薬所)に2-0で勝利し、決勝進出

大堀「昨日以上に大切な一戦だと思って、今日の試合で死んでもいいというくらいの覚悟を持ってコートに入りました。その気持ちが、2ゲーム目後半の攻撃的なプレーに出たかなと思います。A代表に入るために、準決勝で勝つのが最低条件。今日負けたら、また1年、B代表だと自分に言い聞かせて、この試合にかけていました。明日もこの舞台で、もう1試合できることに感謝して、死んでもいいくらいの気持ちでプレーしたい。(明日、対戦する)山口選手は同年代ですが、世界のトップで戦っている選手で、実績も私よりずっと上。強いのはわかっていますし、私の中でも大きな存在ですが、明日、また100%の力を出しきれば、勝てるチャンスもあると思っています」

480IDE_9784峰 歩美

(再春館製薬所)

結果:大堀彩(トナミ運輸)に0-2で敗戦

「自分のプレーができずに終わってしまいました。総合の準決勝はなかなか立てる舞台ではないので、そこで自分らしいねばり強いプレーをして、もう少し長く試合をしたかったです。今大会はすごく落ち着いていて、(調子は)よかったんですけど、準決勝は相手の勝ちたい気持ちに押されてしまった。(ベスト4という結果について聞かれ)、すごく運もあったと思います。でも、チャンスをものにできたというところは自分の成長。もう一つ上にいくには、まだまだ実力が足りないと感じています」

取材・構成/田辺由紀子、バドミントン・マガジン編集部

写真/井出秀人

投稿日:2017/12/02
■関連キーワード

            

人気記事ランキング