【全日本総合】「相手の得意なプレーをさせなかった」(西本)<準決勝コメント-3>

12月2日に開催された第71回全日本総合選手権(東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館)5日目は、各種目準決勝が行なわれた。ここでは、各選手の試合後のコメントを紹介しよう。

全日本総合西本拳太

(トナミ運輸)

結果:チームメイトの常山幹太に2−0で勝利。2年連続の決勝進出

西本「身内同士の試合ということで、お互いが手の内を知った中での勝負でした。少しやりづらい部分もあったけど、相手どうこうというより、自分の力を出しきろうと思っていたし、(実際に)出しきれたのがよかったかなと思います。(具体的によかったプレーを聞かれ)スマッシュという部分では相手より上回っているという自信があったので、そこで勝負していけたと思います。長いラリーになると相手に分があるというか、気持ち的にもチャレンジャーという面もあるので、相手の得意なプレーをさせなかったのも2−0で勝てた勝因だと思います」

 

全日本総合武下利一

(トナミ運輸)

結果:坂井一将(日本ユニシス)に2-0で勝利

武下「昨日は桃田選手に勝ちましたが、今日が大事だと思っていました。相手はアタックが強く、切れもあり、まずしっかりレシーブして長いラリーをするように心がけました。1ゲームは先に20点を取られましたが、1回戦も昨日もデュースで勝ちきっていますし、昨日の試合でネットの感触がよく、今日も自信を持てたこともあって、リードされても集中を切らさず、焦らずプレーできました。明日はいつも上から見ているだけだった(笑)センターコート。優勝して終わりたいですね」

 

全日本総合坂井一将

(日本ユニシス)

結果:武下利一(トナミ運輸)に0-2で敗退

「1ゲーム目、20-17とリードしていたので、チャンスもあったし、ここですんなりゲームを取れていたら2ゲーム目の展開も変わっていたかもしれません。20-18で自分が先にヘアピンをきって、相手が前にいるにもかかわらずヘアピンで勝負にいってしまったのが悔やまれるポイントです。また、追いつかれたのは仕方ないとして、そこで取りきれなかったのは実力が不安定なところがあるということ。今回の悔しさを来年の総合につなげられるように、また頑張っていきます。毎年悔しい思いをしているので、1回くらいは総合で優勝したいですね」

 

取材・構成/楊 順行、田辺由紀子、バドミントン・マガジン編集部
写真/井出秀人


投稿日:2017/12/02
■関連キーワード

      

人気記事ランキング