【全日本総合】桃田は準々決勝で敗れ、2年ぶりの優勝ならず…<準々決勝>

12月1日に開催された第71回全日本総合選手権(東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館)の男子シングルス準々決勝に、桃田賢斗(NTT東日本)が登場した。

全日本総合

1、2回戦とファイナル勝負の末に勝利した桃田賢斗。準々決勝の相手は、今年の全日本社会人・準決勝でも対戦し22-20、21-16で辛勝している武下利一(トナミ運輸)だ。

第1ゲーム、序盤で先行したのは桃田だった。5連続得点で9−7。さらにここからポイントを奪い合い、17-13とリードした。しかし、ここで武下が積極的に仕掛けて点差をつめると、20オールの同点に。追いつかれた桃田は、ラリーの詰めが甘く、最後は2連続失点で第1ゲームを奪われた。

全日本総合

第2ゲーム、出だしで武下が7−2まで点差を広げたが、桃田もスマッシュ、カットから点差を縮めて10-11。このまま桃田が逆転するかと思われたが、武下も意地をみせる。12-11、14-12、16-14と武下リードのまま試合が進み、18-15。すると、ここで連続ポイントをつかんだのは武下だった。ねばる桃田を振り切り21-15で勝利。初のベスト4進出を果たした。

なお、2年ぶりの優勝を逃した桃田は「相手がミスしてくれたらいいなと、安易な考えでラリーをしてしまったのが敗因です」と振り返っている。

全日本総合

▼男子シングルス・準々決勝

武下利一(トナミ運輸)②〔22−20、21−15〕0●桃田賢斗(NTT東日本)

 

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/井出秀人


投稿日:2017/12/01
■関連キーワード

         

人気記事ランキング