【全日本総合】「二人の持ち味が出せた」(永原)<2回戦コメント-7>

11月30日に開催された第71回全日本総合選手権(東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館)3日目は、各種目2回戦が行なわれた。ここでは、注目選手・ペアのコメントを紹介しよう

【女子ダブルス】

全日本総合 松本麻佑(右)/永原和可那

(北都銀行)

結果:2回戦で栗原/東野に2−0で勝利。

永原「2回戦はナショナル同士の対決になると思い、そこが山場だと思っていました。そう簡単に勝てると思っていなくて、1ゲーム目は、自分たちのいい展開になって押せていたけど、2ゲーム目に相手の好きな展開にさせてしまいました。ファイナルゲームは開き直って、2人の持ち味である攻めを徹底できたので、そこが勝ち切れたのかなと思います」

松本「一戦も落とせる試合がないというか、1回戦から張り詰めた試合になっている。自分たちも上をめざしているので、ここでは負けられないという思いで臨みました。(試合にかける思いは何かを聞かれ)A代表に入りたい、と思う二人の気持ちですね。2ゲーム目は自分たちの展開ができなかったけど、ファイナルに入ってもう一回初心にかえって、自分たちのプレーをしたら点数をとれた。そこを継続できたのが勝因かなと思います」

全日本総合米元小春/田中志穂(右)

(北都銀行)

結果:2回戦で、本田/清水(茨城)に2-0で勝利

米元「今日はもう少しうまく組み立てをすれば、連続失点を減らすことができていたと思うので、明日に向けてしっかり修正したいです。まだ二人のコンビネーションでスピードアップできる部分があると思うので、スピードの変化をつけながら組み立てができたらいいなと思います。

去年も一戦一戦、自分たちのプレーをしていった先に決勝の舞台があったので、今年も本当に一戦一戦という気持ちで、明日も自分たちのプレーを出せるように頑張ります」

田中「(試合は)あまりいい内容ではなく、自分たちの力が半分も出せていなかった試合でした。相手がいるところに落としたり、落とさなくていいところで落として相手に打ち抜かれたりと、相手を見ながらプレーできていませんでした。明日以降は、相手がどういうプレーをしてくるかを考えて、二人で気持ちをしっかり準備したいと思います。

今大会、しっかり勝ち切って終われていないので、(準決勝や決勝といった)先のことを見るのではなく、一つ一つかなと思っています」

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/川口洋邦、幡原裕治


投稿日:2017/12/01
■関連キーワード

               

人気記事ランキング