【佐賀全中2017】杉山明日香、加藤&大澤が混戦を制してV!<女子個人>

8月25日に開催された第47回全国中学校大会(佐賀県・佐賀県総合体育館)最終日は、男女シングルス・ダブルスの個人戦が行なわれた。23日には個人戦の1回戦、24日には2回戦から準々決勝までが行なわれ、この日は準決勝と決勝が実施されている。

 

【女子シングルス】

女子シングルスは、団体戦で準優勝を果たした四天王寺のエース・杉山明日香が優勝。ファイナルゲームに及んだ準決勝から集中力を切らさず、決勝では、青森山田のエース・高橋美優に2-0で勝利。丁寧なラリーに加え、ネット前の浮き球を何度もたたきに出るなど、日本一への執念を随所に見せて勝利をつかんだ。

前回大会ベスト8から着実なレベルアップを見せて全国初優勝を飾った杉山明日香(四天王寺)
前回大会ベスト16から着実なレベルアップを見せて全国初優勝を飾った杉山明日香(四天王寺)
準決勝では強敵の郡司莉子(大谷)を下して決勝まで勝ち上がった青森山田の高橋美優
準決勝では強敵の郡司莉子(大谷)を下して決勝まで勝ち上がった青森山田の高橋美優

 

【女子ダブルス】

女子ダブルスは、青森山田のエースペア・加藤佑奈/大澤陽奈が優勝。ファイナルとなった決勝は、団体戦で優勝した猪苗代のエースペア・廣上瑠依/山浦波瑠との激闘。ファイナルゲーム14-17の劣勢から6連続得点でマッチポイントを握ると、20-18から相手のロングサービスがアウト。土壇場で、後ろから加藤がスマッシュ→ネット前で大澤がプッシュという「自分たちの形」を連発して、中学日本一のタイトルをつかんだ。

 

決勝は逆転勝ちを収めて優勝をつかみ取った加藤佑奈(左)/大澤陽奈(青森山田)
決勝は逆転勝ちを収めて優勝をつかみ取った加藤佑奈(左)/大澤陽奈(青森山田)
猪苗代のエース・廣上瑠衣/山浦波瑠は優勝にあと一歩届かず
猪苗代のエース・廣上瑠衣(左)/山浦波瑠は優勝にあと一歩届かず

 

【優勝者コメント】

★杉山明日香(四天王寺)

DSC_7916

「団体戦でも優勝をめざしていたのに負けてしまって(結果は準優勝)、すごく悔しくて、個人戦では絶対に優勝して、チームに貢献しようと思っていました。コーチの樫山朋美先生に『みんなの思いを背負って、個人戦は優勝しよう』と言われて、気持ちを切り替えられました。苦しいこともあったけど、先生やコーチや仲間が支えてくれて、いまここにいると思います。自分一人の力では、ここまで来られませんでした。本当にうれしいです」

 

★加藤佑奈(右)&大澤陽奈(青森山田3年/2年)

DSC_7927加藤「ペア結成から半年、勝てない時期もあったけど、全中で優勝することを目標に、前を向いて頑張ってきました。決勝戦は1ゲーム目を取られてしまい、ファイナルゲームも負けていました。そこから、二人でいままでやってきたことを信じて、支え合いながら勝ちきれて、本当によかったです」

 

大澤「ファイナルゲームはリードされていたけれど、先輩を信じて、二人で支え合って勝ちきれました。最後(14-17からの連続6得点)は気持ちと、自分たちのベストを尽くして、全力を出しきることだけを考えてやれたのがよかったと思います。先生やコーチや保護者の方々、支えてくれた人たちに恩返しができたかなと思います」

 

女子個人戦の準決勝・決勝の結果は以下の通り。

 

【女子シングルス】
▼準決勝
杉山明日香(四天王寺・大阪) 2-1 栗原琉夏(西武台千葉・千葉)
高橋美優(青森山田・青森) 2-0 郡司莉子(大谷・神奈川)
▼決勝
杉山明日香②〔21-18、21-14〕0高橋美優

 

【女子ダブルス】
▼準決勝
廣上瑠衣/山浦波瑠(猪苗代・福島) 2-0 宮下澪奈/宮下彩奈(阿見・茨城)
加藤佑奈/大澤陽奈(青森山田・青森) 2-0 糸谷あかり/本田胡桃(武里・埼玉)
▼決勝
加藤/大澤②〔19-21、21-11、21-18〕1廣上/山浦

 

全国中学校大会の詳報や写真、全記録を掲載する『バドミントン・マガジン10月号』は9月22日(金)より発売予定。熱戦の軌跡を誌面でも、ぜひご覧ください!

 

文/バドミントン・マガジン編集部◎平田美穂

 

 

 


投稿日:2017/08/25
■関連キーワード

      

人気記事ランキング