【世界ジュニア】日本が南アフリカに快勝! 予選リーグ1位が決定!<団体戦>

11月3日に開催された世界ジュニア2016(スペイン・ビルバオ)団体戦2日目は、予選リーグが行なわれた。

南アフリカ、ニュージーランドと同じグループC1の日本は、南アフリカと対戦。前日にニュージーランドを5-0で下した日本はこの日も格下を寄せ付けず、全試合ストレートで勝利を収めた。

グループC1の1位通過を決めた日本は、同日19時頃(日本時間4日・午前3時頃)からグループC2(香港、シンガポール、ペルー、ジョージア)の1位と争うプレーオフに挑む。勝てば、明日4日に行なわれる決勝トーナメントに進み、グループDの1位と争うこととなる。

世界ジュニア
予選リーグの南アフリカ戦は、前日のニュージーランド戦からメンバーを一新した日本。男子シングルスに登場した中学生3年生の奈良岡功大を含む5種目すべてで快勝した(写真は全国中学校大会のもの)

 

日本の試合結果は以下の通り。

 

◆グループC1/予選リーグ結果

日本(2勝)  5-0  南アフリカ(2敗)

▼混合ダブルス

久保田友之祐/曽根夏姫 2-0 Dillan Kyle Schaap/Zani Van Der Merwe14分

▼男子シングルス

奈良岡功大 2-0 Ruan Snyman25分

▼女子シングルス

海老原詩織 2-0 Carmen Haasbroek15分

▼男子ダブルス

仁平澄也/山澤直貴 2-0 Brandon Nel/Ruan Snyman14分

▼女子ダブルス

川島美南/上杉夏美 2-0 Tarryn Jacobs/Zani Van Der Merwe14分

世界ジュニア
川島美南/上杉夏美(右)

 

◆日本選手団 

【選手】

◆男子

渡邉航貴・小野寺雅之・岡村洋輝・仁平澄也(埼玉栄③)山澤直貴(富岡③)久保田友之祐・金子真大(ふたば未来学園②)奈良岡功大(浪岡中③)

◆女子

仁平菜月(富岡③)海老原詩織(作新学院③)松山奈未(九州国際大付③)川島美南・上杉夏美(埼玉栄③)曽根夏姫・小田菜摘(青森山田③)大家夏稀(金沢向陽)保原彩夏(聖ウルスラ学院英智③)髙橋明日香(ふたば未来学園②)

 

【団長】田部井秀郎(日本協会ジュニア強化本部長)

【総監督】長谷川博幸(日本協会ジュニア強化部ヘッドコーチ)

【男子監督】大堀均(日本協会ジュニア強化部員)

【女子監督】井田貴子(日本協会ジュニア強化部員)

【男子コーチ】友金幸雄(日本協会ジュニア強化部員)

【女子コーチ】明神憲一(日本協会ジュニア強化部員)

【トレーナー】神田潤一(九州保健福祉大学助教)


投稿日:2016/11/03
■関連キーワード

人気記事ランキング