【全中】接戦を制した染谷菜々美、鈴木&大澤が全国制覇<女子個人>

8月20日に開催された第46回全国中学校大会(石川県・金沢市総合体育館)最終日は、男女シングルス・ダブルスの個人戦が行なわれた。18日には個人戦の1回戦、19日には2回戦から準々決勝までが行なわれ、この日は準決勝と決勝が実施されている。

 

【女子シングルス】

女子シングルスの決勝は、団体優勝を果たした猪苗代の染谷菜々美が、第1シードを破って勝ち上がった木村百伽(岐南)を2-1で下して初優勝を飾った。染谷は第1ゲームを19本で失ったものの、第2、3ゲームは持ち味であるねばり強さを発揮。上背のある木村の球をしっかりレシーブし、チャンスをつかんで自分のペースに持ち込み優勝をつかんだ。

全中個人
準決勝、決勝とタフな試合をねばり強く制して優勝を飾った染谷菜々美(猪苗代)
全中個人戦
第1シードをストレートで下して決勝に進出した木村百伽(岐南)は準優勝

 

【女子ダブルス】

女子ダブルスの決勝は、ともに準決勝を2-1で勝ち上がった鈴木陽向/大澤佳歩(埼玉栄)と海老澤彩/佐藤茅穂(石岡)が対戦。決勝戦もファイナルゲームの接戦となったが、最後まで攻めきった鈴木/大澤が見事に栄冠をつかんでいる。

全中個人戦
鈴木(奥)/大澤(埼玉栄)は優勝を決めると、抱き合って喜びを分かち合った

 

全中個人戦
ダブルスで決勝に進出した海老澤(左)/佐藤(石岡)。青森山田との準決勝は鮮やかな逆転勝ち

 

【優勝者コメント】

全中個人戦

★染谷菜々美(猪苗代)

「準決勝で負けたチームメイトのためにも頑張りたかったので、優勝できてうれしいです。応援してくれた人たちに恩返しができました」

 

鈴木陽向(右)/大澤佳歩(埼玉栄)

全中個人戦鈴木「中学1年生の頃から組み始めて、ずっと全中優勝を目標としてきたのでうれしいです。次の試合でも、いい成績が残せるように頑張ります」

大澤「私は小学6年生のときにダブルスで優勝していますが、中学でも優勝したかったので、夢が叶ってうれしいです。自分たちらしいダブルスができてよかったです」

 

女子個人戦の準決勝・決勝の結果は以下の通り。

 

【女子シングルス】

▼準決勝

木村百伽(岐阜・岐南) 2-0 内山智尋(福島・猪苗代)

染谷菜々美(福島・猪苗代)  2-1 千葉美采(福島・猪苗代)

▼決勝

染谷②〔19-21、21-13、21-11〕1●木村

 

【女子ダブルス】

▼準決勝

鈴木陽向/大澤佳歩(埼玉・埼玉栄) 2-1 赤坂玲奈/山内優奈(青森・青森山田)

海老澤 彩/佐藤茅穂(茨城・石岡) 2-1 高橋美優/大澤陽奈(青森・青森山田)

▼決勝

鈴木/大澤②〔21-12、18-21、21-11〕1●海老澤/佐藤

 

全国中学校大会の詳報や写真、全記録を掲載する『バドミントン・マガジン10月号』は9月21日(水)より発売予定。熱戦の軌跡を誌面でも、ぜひご覧ください!

投稿日:2016/08/21
■関連キーワード

人気記事ランキング