【連載】 My Grip~グリップのこだわり~Vol.6 佐藤冴香(ヨネックス)

 

grip_700_296

バドミントンにおいて、ラケットはプレーヤーの「手」と同じ役割を果たすといっていい。

そのラケットのなかでも「グリップ」は、選手によってテープの素材や巻き方が異なり、

独自性が出やすい部分だ。ここでは、トップ選手のグリップへの「こだわり」に迫る。

マイグリップ

さとう・さやか◎1991年3月29日生まれ、宮城県出身。仙台第一中―常盤木学園―日体大を経て、ヨネックスへ。171cm、左利き、O型。12年ロンドン五輪で試合中に左ヒザを負傷し、途中棄権を余儀なくされたが、長期リハビリを経て徐々に復調。15年ランキングサーキット、全日本社会人で優勝、全日本総合でも準優勝を収め、再び第一線で活躍を続けている。

 

「グリップの色はラケットに合わせて、ピンクです」

 

――グリップにこだわりはありますか?

それが、あまりないんです(笑)。テープの巻き方も適当で…。でも、滑らないように、グリップエンドは太くしています。自分、手汗がすごいので。高校生のときかな、練習中にスマッシュを打ったら、そのままスパーンと抜けたことがあって、チームメートに当たりそうになったんです(笑)。そのときは太くしていませんでした。

――テープはいつもウエットタイプを使っているのですか。

タオルグリップも試したことはあるんですけど、違和感があったので、最終的にウエットになりました。色は基本、ピンクですね。いまのラケットに合わせてという感じです。ただ、白は汚れが目立つので使っていません。

マイグリップ
グリップテープのカラーは、ラケットに合わせてピンクを使っている

 

――ラケットはいま何を使っていますか?

ヨネックスの『ARC SAVER(アークセイバー)11』です。去年の夏くらいに替えて、半年くらいでしょうか。ようやくしっくりきました。その前は『VOLTRIC(ボルトリック)80』(ヨネックス)を使っていました。

マイグリップ
佐藤選手が使用している『ARC SAVER 11』(ヨネックス)

 

――グリップにこだわりがないということですが、テープはきれいに巻かれていると思います。

とりあえず、テープの最後はここ(グリップとシャフトの連結部分)にもってきたいです。ここにぴったりくるように、もともとあるグリップは全部とってアンダーラップを巻き、その上にグリップテープを巻いています。

以前は、これ以上にすごく細かったんです。細いほうがいいと思っていて…。でも、細すぎてグリップの持ち替えがあまりうまくできなくて(苦笑)。それをコーチに指摘されて、それから少し太くするようにしました。いまはこのくらいがしっくりきますね。

マイグリップ
グリップテープはウエットタイプ。丁寧に巻かれている
マイグリップ
グリップエンドを太めに巻くのがポイント

 

――張り替えのタイミングは?

とくに決めていないんです(笑)。前までは、「少し汚れが目立つかな」と思ったときに替えていたんですが、最近まわりの人に聞くようになって。今別府(香里)さんは試合ごとに張り替えていて、そのほかの人も1週間とか、1カ月以内には替えるといっていて。そこからは、結構頻繁に替えるようになりました(笑)。

ゲン担ぎのように、悪い試合があったらすぐ貼り替える人もいるみたいですが、そういうのは全然なくて、思いついたときに替える感じですね。

 

――グリップにすごくこだわっている人もいますが、そこまでではない?

そうですね。自分は結構、適当なので(笑)。そこまでこだわりはないですね。


投稿日:2016/04/20
■関連キーワード

         

人気記事ランキング