世界トップランカーが五輪レースの意気込みを語る! 

今年5月に始まったリオ・デ・ジャネイロ五輪の出場権をかけた五輪レースは、5ヶ月が経過した。5月以降のビッグトーナメントは4つのスーパーシリーズと世界選手権が行なわれ、日本選手は奥原希望のヨネックスOP優勝や山口茜の準優勝のほか、多くの選手が上位に入る活躍を見せている。

来週13日からは、欧州SS2連戦の初戦となるデンマークOP(オデンセ・SSP)が開幕。年内のSSはデンマークの翌週に開かれるフランスOP(パリ)、11月の中国OP(福建・SSP)、香港OP(九龍)の4戦を残すのみとなった。世界ランカーにとっては、世界ランク上位者で争われる12月のスーパーシリーズファイナル(UAE・ドバイ)を加えた5大会が、今後の五輪レースを占う上で大事な試合になってくる。年内のSSで、ある程度の好結果を残さなければ、たとえ現在ランキングで上位をキープしている選手も、来年以降の五輪レースは苦しい戦いが続くことが予想される。

 

今回は、険しい五輪レースに挑戦中のトップ選手にインタビューを実施。五輪レースを戦う意気込みや、日本の愛好者たちへのメッセージを動画にて紹介しよう。

リー・チョンウェイ(マレーシア)
リー・チョンウェイ(マレーシア)

 

■男子シングルス

リー・チョンウェイ(マレーシア)の動画は こちら

ビクター・アクセルセン(デンマーク)の動画は こちら

 

■男子ダブルス

セティアワン/アッサン(インドネシア)の動画は こちら

 

■混合ダブルス

C・アドコック/G・アドコック(イングランド)の動画は こちら

 

セティアワン/アッサン(インドネシア)
セティアワン/アッサン(インドネシア)

 

取材/バドミントン・マガジン編集部

撮影協力/ヨネックス株式会社


投稿日:2015/10/09
■関連キーワード

      

人気記事ランキング